Appleがスピーカーにもなるヘッドホンを考案し、特許を出願してるって!

ほー、これが製品化されたら結構いいかもしれませんねー。

Appleの特許情報サイト「Patently Apple」に掲載されているのですが、新しくスピーカーとしても利用ができる次世代のデュアルタイプモード・ヘッドホンを考案し、特許を出願したそうです。
実現したら外部スピーカーを持ち運ばなくて済みそうですねぇ。

Apple Dual Headphonevia. http://www.patentlyapple.com/patently-apple/2012/11/apple-invents-very-cool-next-gen-dual-mode-headphones.html

ヘッドホンにアンプが組み込まれていて、耳あての部分を外側に向け、テーブルなどに置くことで、高音質のスピーカーになるように設計しているようです。

ヘッドホンとスピーカーの切り替えは手動で可能にしつつ、センサーを使ってヘッドホンの位置を感知させることで、ユーザーの耳の近くにある場合は自動で切り替えるようにするとのこと。切り替わることで音量が自動調節されるみたいです。

誰でも1度は、ヘッドホンをスピーカー代わりに使ったことがあるんじゃないかと思いますが、やっぱりスピーカーじゃないから音は広がらないし、むしろiPhoneとかiPadだったら内蔵スピーカーのほうがちゃんと聴けますからね。

それにしたって、むしろ、こういうヘッドホンが今まで出てこなかったほうが不思議なくらい。

まぁ、実際に製品化されて発売されなければ、本当の価値は見えてくるものじゃないですけど、プレーヤーとなるiPhoneやスマートフォンと、このヘッドホンだけあれば、友人たちと集まって音楽を楽しむのが、すごい気軽になるのは間違いないはず。

特許出願中になるのか、それとも特許が取得されてからになるのかはわかりませんが、ぜひともいち早い製品化が期待されますね。