iPad Wi-FiモデルについてくるソフトバンクWi-Fiスポット(2years)を利用する

先日購入したiPad。仕事で利用するために調整してガシガシと打ち合わせ等の外出時に持ち歩いているわけですけど、やはりどこでも通信可能というわけにはいきません。Wi-Fiモデルですし。
そんな通信環境の面を多少改善してくれるであろうソフトバンクWi-Fiスポット(2years)の利用登録を行ってみましたが、ちょっと困ったことがありました。。

ソフトバンクWi-Fiスポット(2years)

ソフトバンクWi-Fiスポット(2years)とは?

「ソフトバンクWi-Fiスポット」は、SoftBank Mobileが提供している公衆無線LANサービスです。そのうち2年という期間限定の縛りで利用が可能なのが「ソフトバンクWi-Fiスポット(2years)」で、iPad Wi-Fiモデルを購入すると無料で提供してくれます。

利用するには

購入から3〜5日経つと利用するためのID発行手続きをすることができます。
発行手続きの手順としては、iPhone、スマートフォン、ケータイから空メールを送ることで自動返信されるメールに、URLが記載されているのでそれにアクセスします。

だがアクセスできず・・・

ここまでが前提。
実際僕も購入して5日ほど経ったので、ID発行しておこうと空メールを送ってみました。メールを送ったのはdocomoのAndroidスマートフォンです。

もちろん空メール後に自動返信メールは届いたのですが、記載されたURLにアクセスしてみると、全然繋がらない。。しまいには、

このページにはアクセスできません

とか表示される始末。。。

うえええええ、何だコレ何ぞコレ状態になってしまいました。
で、こういうときは困ったときのグーグル先生です。調べてみると、結構同じような話が出るわ出るわ。

フィーチャーフォンを用意せよ

結果から言えば、MMSが利用できないスマートフォンからはアクセスできないんですね。そのため、docomoの場合だと基本フィーチャーフォンからしか手続きのページにたどり着けないというわけです。

これ、ちゃんと最初に言ってくれないとわかんないよ。。

そんなわけで、旧メイン端末として利用していたフィーチャーフォンにSIMカードをブッ挿し再度挑戦してみたところ、無事手続きが完了。IDとパスワード、WEPキー等を取得することができました。

しかし、この発行方法はちと困りますね。
今やスマートフォン全盛といっても差し支えないくらいなのに、他キャリアユーザーが手続きするのにフィーチャーフォンからしかできないという制限があるなんてねぇ・・・。
今後改善されたりするんでしょうか? 個人的には改善が必要なんじゃないかなぁと思うんですけどね。

なにはともあれ

利用できるようになったので一安心。
地元には結構ソフトバンクWi-Fiスポットを利用できる店が多いので、気分転換に外で執筆作業しようなんていうときにはすごく便利。
もちろん地元だけじゃなく、様々なカフェチェーンやファーストフードチェーン、それに都内に出れば都営地下鉄でも利用可能ですから、Wi-Fiモデルでもネット接続が容易になります。

兎にも角にも、よりiPadを活躍させることができそうです。とりあえず、まずは手近な地元近隣で利用可能なところにふらふらと足を運んで、早速活用してみたいと思います。

それにしてもフィーチャーフォンからだけとは、とんでもない罠でしたよ。。

モバデビの最新情報をチェック