東電エリアで大規模な停電の恐れが・・・! MORE節電!!

午後に政府から発表がありましたが、東京電力エリアにおいて本日17日の電力需要が急増しているとのこと。

これによって予測不能な大規模停電が生じる恐れがあるそうです。
場合によっては東電エリア全てから光が失われることになるかもしれません。

東京電力管内の電力需要が3月17日に急増しており、予測不能な大規模停電が起きかねないとして、海江田万里経済産業相が夕方から夜にかけて一層の節電を呼びかけている。

via. 東電管内の電力需給がぎりぎりに、大規模停電回避へ一層の節電を──海江田経産相 – ITmedia News

記事にあるように、需要が昨日の16日と比較して400万キロワット以上増加した状態で推移しているとのこと。
供給可能な電力に逼迫する需要となっていて、このまま行けばいつ大規模な停電が東電エリア内で発生してもおかしくない状態と言えます。

計画停電が実施されているにも関わらずこの状態というのは、急激な冷え込みの影響もあるようで、寒さをしのぐために暖房器具を使用する家庭が増えているようですね。

確かに今日は風も冷たくてかなり寒いわけで、少しくらい暖房をつけても・・・という気持ちになるのも解ります。中には小さなお子様を抱えていたり、この数日のストレスで体調を崩していたりする人もいるでしょうから、そうした人達には暖房が必要でしょう。

しかし、特に健康上問題もなくただ寒いから暖房を・・・ということであれば、是非ともここは電源をOFFりませんか?

電気を使うな、ということではなく電気を節約して、みんなでシェアすると考えてみてください。

実際、計画停電が実施されることになっていた初日は、電力需給は見事に下回るくらいの効果が出ていますし、たぶんやってやれないことはないんじゃないかと思うわけです。

4100万kW予想が2800万kWに! 皆さまの節電力が実を結んでいます #jishin : ライフハッカー[日本版]

寒さは暖房を使わなくてもちょっとしたことでしのぐことができます。
知人がこんなエントリを書いているので、是非参考にしてみてください。

大規模停電を防げ!暖房切って乗り切るためのポイント – エアロプレイン-

特に靴下。これはバカになりませんよ。最近はファッション的にくるぶしあたりまでの靴下を履いている人が多いかもしれませんけど、出来ればこれはホーズ(長靴下)にするといいです。断然暖かさに違いが出ます。
短いのしかないよ! という場合は、2枚重ねにして履いてもいいかもしれません。どうせ家にいるなら見た目なんか気にしない!

僕なんかはもっこもこなスリッパ履いてますけど、全然暖かさに違いが出てますよ。もこもこふわふわスリッパ万歳です。

それに照明も。
電灯消して真っ暗にする必要はないですが、大概照明器具は明るさのレベルが変えられるもの。一段照明を落とすだけでも節電になります。微々たるものでしょうが、たくさんの人が同じようにすれば相当な節約になるでしょう。

テレビなんかもちょっと音量を下げるだけでも電力使用量はちょびっとだけ下がるもんですし、そういうところにも気を遣いたいところ。出来れば消してしまうのがいいんでしょうけどね。

あとは兎に角使っていない家電は電源を落とす。待機電力を使わないようにコンセントを抜くという基本的なところですかね。やれることは本当に限られますが、ひとりひとりの気持ちの問題だと思います。

僕もみんなに電気が行き渡ることを願って、シェアの気持ちでさらなる節電を心がけていきますよ。みんなで乗り切りましょう。