日本で公開されたAndroid版「Facebookメッセンジャー」

海外では8月に公開されていたFacebookのメッセージ専用スマートフォンアプリ「Facebookメッセンジャー」が日本でも公開されたことをコチラで知りました。Androidマーケットを見たところ、対応版がリリースされていたのでインストールしてみました。

今年の3月にFacebookが買収したBelugaの開発チームによって開発されただけあって、従来のFacebookアプリよりも使いやすい感じになってますね。

Facebookメッセンジャー

iOS版と同じく起動してみると早速ログイン状態に。アカウントが間違っていないかどうかの確認メッセージが表示されています。
ログイン状態になるのはFacebookアプリと連携しているからでしょう。Facebookアプリを入れていない場合はログイン作業が必要になるのではないかと思います。

Facebookメッセンジャー

継続して操作すると、こんな画面に遷移します。
ホーム画面がこれまでのメッセージ一覧になるんですね。

Facebookメッセンジャー

既存のやりとりから入力画面を表示してみたところです。カメラマークから写真の添付も可能。

また、メッセージはデフォルトで位置情報を付けて投稿するようになっていますが、位置情報を付けたくない場合はアイコンをタップすればOFFになりますし、設定からデフォルトでOFFにすることもできますよ。

Facebookメッセンジャー

ホーム画面の右上にあるアイコンをタップすると、この新着メッセージ画面に遷移します。やりとりしたい相手を選んでメッセージを送ればOK。
というか新規メッセージじゃなくて新着メッセージってなってるのに違和感・・・。

Facebookメッセンジャー

Facebookメッセンジャーの設定画面。

アラートのオンオフやサウンドのオンオフ、バイブレートのオンオフなどを選べます。個人的にはバッテリーのことを考えてバイブレートと位置情報はOFFにしました。

Facebookメッセンジャー

こちらは設定の奥にある詳細設定の画面。アプリのバージョン情報とか見られますが、それよりも重要なのはキャッシュの削除ができる点。画像周りのキャッシュとスレッド周りのキャッシュが別々になっているんですね。

Facebookで繋がっているだけで、SMS感覚にやりとりができるようになるのはなかなかに便利そう。
とは言え、まぁそこまで使い頻度は高くないかなぁという気がしないでもないですが、Facebookアプリとは別途に通知されるので、PCを落としているときや、移動中に連絡があったときに即座に対応ができるようになりますから、それはそれで便利かなぁ。

まぁ見方を変えれば常にFacebookに拘束される感が出ないでもないですけど。

モバデビの最新情報をチェック