Android片手に古地図見ながら都内散策したくなる「今昔散歩」

NHKの人気番組「ブラタモリ」よろしく、古地図を片手に散策しながら写真を撮りたいなーって思ってたんですけど、この江戸時代、明治時代、そして現代の地図を端末から眺めることができるアプリ「今昔散歩」さえあれば、もういつでも実行可能ですね。

しかもアプリの価格は無料と、二重に嬉しいアプリなのです。

今昔散歩

古地図が閲覧可能なのはほぼ都内のみに限られてしまうんですが、それでも充分です。

GPS等の位置情報取得にも対応しているので、都内にいれば自分が今いる場所をリアルタイムに地図上でタイムスリップできちゃいます。

今昔散歩

渋谷駅を中心に、左から江戸時代、明治時代、現代の地図を並べてみました。
今では都内でも屈指の人口密集度合いな渋谷ですが、こうやって並べてみると昔はホント何もなかったことがよく解りますね。

今昔散歩片手に歩くのは勿論ですが、もう単純に地図を眺めているだけで楽しい。地図フェチ必携のアプリですよ。

惜しむらくは地図を重ねて表示する機能がないことですが、まぁ無料アプリですし贅沢は言えませんよね。

今昔散歩

江戸時代、明治時代の地図にはマーカーが表示されているんですが、このマーカーをタップすると歴史スポットの情報も表示されるのもなかなか良い感じ。

地図を見つつ歩きつつ、歴史スポットの情報を見ながら訪問しつつ、写真撮りまくるという状態であれば延々と歩き続けてられるわー。

もうひとついいとこがあって、地図系アプリってどうしても容量がとんでもなく大きいサイズになりがちなんですけど、このアプリに関してはむしろすごく小さい。1MB未満な上にSDカード移動も可能なんです。容量不足に陥りがちなAndroid端末に親切なアプリじゃないですか。

というわけで、明日にでも早速都内をちょっとうろつく時間を作って遊んでみたいと思います。まぁ唯一気になるとしたらバッテリーですね。モバイルバッテリー準備しとこう。

今昔散歩
今昔散歩
Bemap Inc
価格: 0円 (更新日現在)
 Google Play Store

モバデビの最新情報をチェック