和楽器ってジャンル問わずいろんな音楽にとっても向いてるよねって話

現在、YouTube上でとても話題になっている「Telephone」の和楽器カバーの映像、すでに多くの人が再生しているので、知っているという方も多いのではないかと思います。

で、前々から思ってたんですが、基本ジャンルは問いませんが、特にロックスタイルの曲に和楽器って合うんじゃね? っていう話。

ShakuhachiPhoto:Shakuhachi By undefined

今回話題となっている和楽器カバーだったり、和楽器を取り入れた音楽ってのは、割と前からちょこちょこ出ていて、個人的にその親和性は非常に高いものがあるなぁと思っていたんですよね。

特にロック系との親和性はかなり高めで、実際ニコ動とかでも「和ロック」などと呼ばれるジャンルがあるみたいです。

使われる楽器は、津軽三味線、尺八、琴、笙、箏といったものが多いんですが、ギターやベース、トランペットといった洋楽器とは違った、郷愁感漂う独特の音色が何故か合ってしまうから不思議。

コレ系で有名どころだと、AUN J-Classic Orchestra(アウンジェイクラシックオーケストラ)あたりでしょうか。

彼らの場合、日本の童謡からロック・ミュージック、映画音楽など、多岐にわたってカバーしていて、そのどれもがカッコイイ。まさにクールジャパン。

[amazon asin=’B003SUP194′ type=’banner’][amazon asin=’B002YLVBJC’ type=’banner’]

和楽器オーケストラ AUN J
和楽器オーケストラ AUN J App
カテゴリ: 教育
価格: 無料 (掲載時現在)

保守派な人からは強い反発があるだろうことは、容易に想像がつきますけど、この手の和楽器コラボ、和楽器カバーがもっともっと広がってくれると、個人的にも嬉しいし、演奏者が減少傾向にある状況も好転したり、海外からの日本の伝統音楽へのリスペクトも高まったりするんじゃないかなぁと思うわけです。

ああ、勢いだけで書いちゃったから、全然まとまらない。。。

とりあえず、個人的に好きな和楽器コラボ楽曲をチラホラ。

こちらはゲーム音楽ですけど。FFシリーズ好きならお馴染みの「ビッグブリッヂの死闘」の和風アレンジ。津軽三味線、箏、尺八で構成されたユニット「結」による演奏。

続いて、雅-MIYAVI-のアルバム「THIS IS JAPANESE KABUKI ROCK」に収録されている「JPN PRIDE」。


Miyavi- THIS IZ THE JAPANESE KABUKI ROCK – JPN… 投稿者 pop-corn382

それと、冒頭でも紹介した、いま話題の石倉光山氏による「Telephone」のカバー映像も乗っけておきますね。

というわけで、この手の音楽がもっと増えたらいいのになぁと思う次第です。

モバデビの最新情報をチェック