これはマジで泣いてしまった(´;ω;`) 世界中で話題となったタイの通信キャリアのCM

いやー、歳食って涙腺緩んでるのかなぁ。

タイの通信キャリア・トゥルームーブのCMがYouTubeを通じて世界中で「感動だ!」と話題になっています。

公開後わずか半月で1200万回も再生されたというコマーシャル映像。まずは一度ご覧ください。尺は3分ほどです。

ありがたくも、日本語字幕を付けてアップしてくれているものがあったので、そちらをEmbedさせてもらいました。

CMのコンセプトは「手渡すということは最高のコミュニケーション」とのことで、一人の少年が30年という年月を経て恩返しするというストーリー。

展開的にはどこかありがちなんですけど、ラスト近くに手紙を読むカットあたりから、30年前のシーンがオーバーラップしながらカットインしてくるなどの演出は、ベタなんだけど上手いなぁと。

最初「30年後」っていうテロップのすぐあとに出てきたみすぼらしい格好の男性が出てきて、「これあの少年?」と思ってしまいましたが、まぁ普通に考えてそんなんじゃ感動も何もないですよね。

兎にも角にも、観終わってマジでうるっときちゃいまして、ついついティッシュで目元を拭ってしまいました。嘘偽りなく。
なんか「いいもの観たなー」っていう気分にさせてくれましたよ。