Bufferで過去記事を自動投稿! 「Buffer My Post」がかなりイイ感じな件

これまで「Tweet Old Post」というプラグインを使って、過去記事をソーシャルメディアに自動投稿してきた当ブログ。
ですが、先日「Buffer My Post」というプラグインに切り替えることにしました。

このプラグインは予約投稿サービス「Buffer」と連携して、自動でソーシャルメディアに投稿できるようにするプラグインです。

WordPress × Buffer

「Buffer My Post」のイイトコロ

今回紹介する「Buffer My Post」というプラグインですが、「Tweet Old Post」から切り替えたのは大正解かも・・・というくらい機能的にいい感じです。

特に記事の除外設定については「Tweet Old Post」よりも上。
「Tweet Old Post」の場合、カテゴリ単位での除外しかできませんでしたが、「Buffer My Post」はカテゴリ単位のみならず、記事単位でも除外することが可能なんですよ。

また、直接ソーシャルメディアに投稿するわけではなく、あくまで「Buffer」に投稿を登録するプラグインですから、「Buffer」の解析機能もしっかり使えるし、投稿する時間もソーシャルメディアのアカウントごとに細かく設定ができますからね。

それでいて、本来であれば手動で記事を選んで「Buffer」に登録しないといけないところが、プラグインで自動的に記事を登録してくれるわけですから、手間も大幅に軽減されるわけです。いやーこれはかなりイイ。

「Buffer My Post」の使い方

そんな感じで大変有能なプラグインなわけですが、実際に使うまでにちょびっとばかり手間が掛かります。

下準備として、まずはWordPressにプラグインをインストールして有効化しておきましょう。

「Buffer」のTakenを取得する

「Buffer My Post」を使うのに欠かせないのが”Buffer App Access Token”です。
取得するには「Buffer」上でアプリ登録を済ませなければいけません。

「Buffer Developers」の「Create App」にアクセスし、必要項目を入力してアプリ登録を完了させましょう。

Buffer Create an App

アプリ登録が完了したら、プラグインに入力する”Access Token”をコピーします。

Buffer Registered Apps

「Buffer My Post」を設定する

引き続き、WordPressにインストール&有効化した「Buffer My Post」の設定をしていきましょう。

Buffer My Postの設定

さきほどコピーした”Access Token”を[Your Buffer App Access Token]にペーストします。
合わせて[Post Format]にどのようなかたちで投稿するか設定します。基本はデフォルトのままでOKでしょう。
ここまで済んだら、一度設定を保存します。

Buffer My Postの設定

続いて、上図の項目を設定していきます。
「Buffer」が投稿するソーシャルメディアアカウントを設定できるので、任意のアカウントのみ過去記事を投稿することができますよ。

登録する記事の除外設定

上述していますが、ソーシャルメディアに再掲したくない過去記事は細かく除外することができます。

Buffer My Postのカテゴリ除外設定

こちらはカテゴリ単位での除外設定。チェックを入れたカテゴリが除外されます。うちのブログの場合、時期が限定されるイベント関連や当ブログのインフォメーション関連、それと時事ネタの割合が多いニュース関連なんかを除外しています。

また、[Exclude Posts]から、記事ごとに除外していくことも可能です。

Exclude Posts

カテゴリでフィルタリングしたり、キーワードから記事を検索することができるので、除外したい記事を探すのも割りと楽ですね。
除外したい記事は左のチェックボックスにチェックを入れて、ページ最下の[Exclude Selected]ボタンをクリックすればOKです。

うちでは期間限定で無料化しているアプリについて書いた記事などを個別に除外するようにしました。
この手の記事が投稿された場合、時期を逃しているとクリックした人がガッカリすることもしばしばですからね。こうした細やかな対応が可能なのはありがたいっすな。

過去記事発掘系プラグインとしてはトップクラスじゃね?

「Tweet Old Post」をはじめ、類似プラグインだと「Tweetily」など、過去記事をソーシャルメディア(特にTwitter)に投稿するものはいくつかありますが、「Buffer My Post」はソレ系のプラグインではトップクラスの使い勝手じゃないかなと。

「Buffer」をハブにしているので、「Buffer」と連携しているソーシャルメディアのアカウント全てに対して過去記事を投稿できちゃうし、記事単位で投稿候補から除外することができるという点だけ見ても満足できる機能性です。

実際にプラグインを使って過去記事の再投稿を稼働させていますが、今のところ特にこれといって問題も発生していないですし、「Buffer」ユーザーにはオススメできるプラグインなのではないかなと思います。

iPhoneアプリで管理ができますし、外出時でも再投稿されるブログ記事について確認したり、ソーシャルメディアごとに投稿時のテキストを変更するなどといった対応もカンタンです。

いやー、久々にいいプラグイン見つけられてかなり満足してますよ。

モバデビの最新情報をチェック