iPhone 6/6 PlusがVoLTEに対応! VoLTEを利用するための設定変更方法

最新のiOS 8.3がリリースされました。

このバージョンにアップデートし、さらにキャリアアップデートを行うことで、iPhone 6/6 Plusで「VoLTE」を利用することができるようになります。

これによって、より安定した通話が可能になりますねぇ。

VoLTE

「VoLTE」とは?

今回のアップデートによって、iPhone 6/6 Plusでも利用できるようになった「VoLTE(ブイオーエルティーイー)」。

“LTE”が含まれるように、3.9G、あるいは4Gとも呼ばれている高速データ通信規格を用いた音声通話サービスです。

いわゆるIP電話と似たような技術ですが、「VoLTE」はIP電話にありがちな遅延を抑えていて、従来の通話品質を大きく上回っているとされています。

iPhone 6/6 Plusで「VoLTE」を利用するには?

iPhone 6/6 Plusで「VoLTE」を利用できるようにするには、

  • 最新のiOS 8.3へアップデートする
  • キャリアアップデートを行う
  • iPhoneのデータ通信の設定を変更する

という3つの段階を踏む必要があります。

iOSのアップデートを行えば、大体キャリアアップデートも行われますが、まれにキャリアアップデートは手動でやらなければならないケースもあるので、その場合はこちらを参考にしてください。

データ通信設定の変更手順

データ通信設定の変更は以下の手順で進めます。
まず、iPhoneの[設定]を開きます。

iPhone 設定

[モバイルデータ通信]をタップします。

モバイルデータ通信

続いて、[4Gをオンにする]をタップします。

4Gをオンにする

iOS 8.3にアップデートすると、ここに[音声通話およびデータ]という項目が追加されているので、これを選択すれば設定変更は完了です。

「VoLTE」利用の制限

さて、上のようにサクっとアップデートと設定の変更だけで利用できるようになる「VoLTE」ですが、今のところ同じキャリア間、なおかつ対応機種同士でないと、利用できるように設定しても高音質通話にはなりません
他キャリアの人との通話や、非対応機種の人との通話では、従来の音質と同等程度のものになるそうです。

対応機種は今後も増えていくので、そのうちこの点についてはクリアできると思いますが、キャリア間で使えないのは微妙ですね。。
将来的にこの垣根が取っ払われるといいのになぁ。

au版iPhone 6/6 Plusには恩恵もある

「えー、じゃあ全然今と変わらんやろー」と思うのも無理からぬ「VoLTE」ですが、auユーザーにはかなり嬉しい恩恵もあります。

そう、通話中のデータ通信が可能になったのです!

これまで、auは「CDMA2000」という通信方式を採用していますが、この方式は音声通話とデータ通信を切り替えて使うという仕組みなので、音声通話とデータ通信の同時処理が不可能でした。
例えば、”通話中にちょっとブラウザ開いてWebサイトを見る”みたいなことが不可能だったわけです。これが「VoLTE」だと可能になります。

たったそれだけのことですが、auユーザーにとってはかなり待ち望んでいたことではないでしょうか。