CSSを使ったli要素の装飾におけるちょっとした小技メモ

先日の「ブログデザイン勉強会」からしばらく経ちましたが、サイドバーもちょこちょこ再びいじったりしてまして、これで漸く完全リニューアル完了かなぁと思っています。

だいぶ印象変わったかなぁ。ちょっと白ベースが増えた感も否めませんが、まぁコレはコレでありかなと。

で、今回はそのサイドバーを改変する際に知ったCSSのちょっとした小技をメモ。

元々うちの場合、特定のli要素に対してテキストの下に罫線を表示させていたんですが、ここをちょっとゴニョゴニョすると、最後のli要素の下に表示される罫線が消せるというやつです。

この方法、全然知らなくて、今回初めて使いました。なので自分用メモ。

これがコレまでの場合。この場合のCSSは、

li {
     padding: 0px 0px 5px 0px;
     list-style: none;
     background: url(line.gif) bottom repeat-x;
     }

という感じで、back-groundに画像を指定しています。

これを、

こんな感じにラストのとこだけ消す場合は、以下のように記述します。

li {
     padding: 0px 0px 5px 0px;
     list-style: none;
     background: url(line.gif) bottom repeat-x;
     }
li:last-child {
     padding: 0px 0px 5px 0px;
     list-style: none;
     background: none;
     }

肝心なのが、:last-childという指定ですね。この指定をしてやると、ラストの画像だけ表示しないようになります。

うん、なんかこういう方がスッキリして見える気がしますね。
CSSでこういう指定方法があるとは。日々勉強ですな。

モバデビの最新情報をチェック