全角英数を強制的に半角英数に変換するChrome拡張機能「goodbye “Zenkaku” – さよなら全角英数」

僕が生理的にイヤ! となるのが、横書きのテキストで使われる全角英数。
ニュースサイトを始め、多くのサイトで見られるものなのですが、どうにもこうにも気持ち悪くて仕方ないんですよ。
しかし、そんな生理的嫌悪感をどうにかしてくれるChrome拡張機能がありました。「goodbye “Zenkaku” – さよなら全角英数」です。

さよなら全角英数
via. https://goo.gl/2UuU0I

全角英数と半角英数、どちらを使うのが正しいのか? ということについて、僕は専門家ではないので、どちらが正しいとは言えないんですが、デザインという観点で考えたときに、全角英数で表記するというのは、よほど特別な理由がない限りありえんのですよ。

まぁ、各社各サイトが定めた表記ルールに則ってライティングされているので、ひとりの読み手が「気持ち悪い読みづらい」なんて言ったところで、受け入れてもらえるもんじゃないので、そういうサイトに出くわした場合は全角英数嫌悪感に蓋をして、意識を沈めて読んでましたが、今回紹介する拡張機能のおかげで、そんなストレス要因ともおさらばできそうです。

基本的には拡張機能をインストールするだけでOK。あとはページを開いて読み込みが完了したら強制的に全角英数を半角英数に置換してくれます。

強制置換前

こちらは拡張機能で強制的に半角置換する前のもの。
まぁ、一見するだけならそんなに気にならないかもしれません。

これを拡張機能で強制的に半角置換してみると、

強制置換後

このように表示されます。主観的なだけですけど、やっぱり半角英数のほうが読みやすいです。うん。

数字だけならまだいいんですけど、URLとかを全角表記してるのも結構多いじゃないですか。あれなんかホント気持ち悪いですからねー。この拡張機能でそうした気持ち悪さが解消されるのはとてもありがたいです。

強制的な置換はドメイン単位で無効化することも可能です。

さよなら全角英数

拡張機能のアイコンをクリックして、メニューから選ぶだけという簡単さもいいですね。
銀行系サイトとかだとシステム的に全角でなければいけないシーンもあるので、ドメイン単位で切り分けられるのもイイ。

拡張機能自体は結構昔からあったんですけど、Chromeが重くなるのを懸念して導入してこなかったんですよね。もっと早くに入れておけば良かった。。