Tab Mix Plusに不具合? cmd+クリックで新規タブが開けない

Firefoxユーザーのみなさん、こんばんは。

最近はChromeユーザーがにょきにょき増えてきていますが、まだまだ負けてませんよね、Firefoxだって。

まぁ、そんな時候の挨拶はどうでもいいとして、そんなFirefoxが昨日から微妙に、動作に不審な点が出てきてしまいました。どうもその不審な動作の原因が、Firefoxの定番アドオン「Tab Mix Plus」にあるようなのです。

通常、Mac版Firefoxで新しいタブでリンクを開く場合、+リンククリックで開けるわけですが、これが突然機能しなくなってしまったのです。

「もしやキーが逝ったのかぁぁぁ?!!!」

と焦りましたが、キーそのものには問題なし。当然です。
試しに、SafariやChromeで同じ動作が起きるかどうかチェックしてみたところ、こちらも問題なし。明らかにFirefox固有の問題だということが解りました。

こうした不具合というと、だいたいアドオンが絡んでいるものです。
取り敢えず、[ヘルプ] → [アドオンを無効にして再起動]からセーフモードで起動してみたところ、+リンククリックの機能が復活しました。

こうなってくると、ある程度どのアドオンが問題なのかは見えてきます。タブ周りの機能に問題が出てるわけですから、当然タブ周りの制御をするアドオンが悪さをしてるだろうと。

そこで、定番大御所のタブ拡張アドオン「Tab Mix Plus」を無効化してみたところ、そのものズバリ。
それまで機能しなかった+リンククリックが機能しはじめたんですね。

とは言え、Tab Mix Plusのタブ拡張はなくてはならないものだし、かといって新タブでリンク開くのにわざわざメニューから開くのもめんどくさい。
じゃあ、Tab Mix Plusをダウングレードするかと思っても、自動更新で同じことになるのは自明の理。

結局、Tab Mix Plusとほぼ同程度の機能を持つアドオンに乗り換えることにしました。

Tab Utilities」というアドオンです。

Tab Utilities

基本的な拡張としてはもうほぼいっしょ。
ちょっとした違いはあるものの許容範囲ですね。+リンククリックも正常に動作するし、タブ拡張のアドオンは、今後もうこれでもいいかなーという気がするくらい。

実際、僕と同じ症状に陥っている人もいるようなので、もし同様のことで困ったなーという方がいましたら、サクッとアドオンを乗り換えてしまうことをオススメしますよ。