ブログの記事を書く時、友人知人のTwitterアカウントを併記することってままあると思いますが、そうしたときはリンクを貼るのが礼儀。
とは言え、わざわざアカウントのページに行ってURLをコピーして、アンカータグを挿入して・・・という流れがいくつも重なってくれば、やや面倒なもの。

そんな手間を軽減してくれるのが、WordPressプラグインの「Twitter @ Anywhere Plus」です。

現在、TwitterはAnywhere機能の提供を終了しており、このプラグインを入れても、以下に説明するようなポップアップ表示はできなくなりました
代替えの手段としてはfunctions.phpで自動リンクするカスタムがオススメです。
Twitter @ Anywhereが終了するというのでプラグインなしでアカウントを自動リンク化してみた 

このプラグインを導入することで、例えば「@cazuki」と記述しただけで、勝手に自動でアカウントへのリンクを追加してくれます。

また、それだけではなく、自動で貼られたリンクにカーソルを持って行くことで、下の画像のようにポップアップも表示してくれ、Twitterへアクセスすることなく読者がそのユーザーをフォローできるようにもしてくれるんですね。

Twitter at Anywhere Plus

これは非常に便利。記事を書くスピードも上がりますよ。

導入方法

導入にはちょっとばかり手間が掛かります。まぁWordPressユーザーならさほど難しいことじゃないとは思いますが。

まずプラグインを利用するために、「Twitter Developers」でアプリケーション登録をする必要があります。

ポイントとしては、アプリ登録の際に、アクセス権限を「Read & Write」にすることです。

登録が完了したらアプリの「Consumer Key」をコピーしておきます。
どっかメモ帳とかにでもコピペしておきましょう。

次に、WordPressへのプラグイン導入です。

WordPress管理画面のプラグインエリアから新規追加を選んで、「Twitter @ Anywhere Plus」で検索すれば出てきます。
他のプラグイン同様インストールして有効化をすると、管理画面の設定エリアに「Twitter @ Anywhere Plus」というリンクが表示されます。

設定画面に入ったら、API Keyのところに、さきほどの「Consumer Key」を入力します。

あとは、最低限の設定として、

  • Auto-linkification of usernames
  • Hovercards
  • Follow Button

をチェックしておきましょう。

3番目のFollow Buttonには自分のTwitterアカウントとDOM Elementsとして「#followButton」とでも入力しておけばOKですかね。

これで設定保存をしてやれば準備は完了です。

準備が整えば、記事中にアカウントを記述だけすれば自動で反映されますよ。

例えば、コグレさん(kogure)とかいしたにさん(masakiishitani)とか記述するだけです。試しにリンクにカーソルを合わせてみて下さいね。

ちょっと気をつけておきたいのは、アカウント名を間違えたりしてしまうとえらいことになるってこと。
リンクが貼られないばかりか、仮に全然関係ないアカウントにリンクされてしまったとしたら・・・ってことも考えられますし。

アカウント名が合っているかどうかのチェックだけは怠らない方が良いですよ。

Commentsコメントしてもらえると励みになります