【コピペでGO!】WordPressだけで外部RSSを呼び出してサイトに表示させる方法

スポンサーリンク

あー、この方法シェアしなきゃーとか思ってて、すっかり忘れてたんですが、WordPressって外部のブログやTwitterなど、RSSを吐き出しているサービスであれば、特にコレといったツールを使うことなく、そのRSSを呼び出してサイトに表示させることができるんですよ。

というわけで、その方法をサクリと解説します。

RSS
Photo:RSS By Lars Plougmann

まぁ、これといって気張ることなくコピペでどうぞ。

<?php include_once(ABSPATH . WPINC . '/rss.php'); // RSSのURL $url_list = array( 'http://example.com/feed' ); // 出力数 $num_items = 1; foreach ($url_list as $url) { //RSS取得 $rss = fetch_rss($url); echo " <ul>"; //RSSデータ非取得時表示 if(empty($rss->items)) { echo ' <li>取得できませんでした</li> '; }else{ // 出力データ数指定時は配列整理 $rss->items = array_slice($rss->items, 0, $num_items); foreach ( $rss->items as $item ) { echo " <li>"; echo "<a href=\"{$item['link']}\" target=\"{_blank}\">"; echo $item['title']; echo "</a>"; echo "</li> "; } } echo "</ul> "; } ?>

はい、これを取得したいところにペロッとペーストしちゃえばOKです。
出力はリスト形式にしてますが、これはイヤ! という人は、別のタグでくくるように手を入れればOKです。

このまま表示したい場所にペーストしてもいいんですが、運用的には別PHPファイルにしておいて、includeで呼び出すのがいいかなと思います。ファイルを呼び出すPHPは以下。

<?php include('outside-feed.php'); ?>

また、呼び出せるRSSはひとつだけじゃありません。$url_list array ()にカンマで区切ってフィードURLを複数指定すれば、いくつでも呼び出して表示できますよ。

なお、上のコードだと出力数は1件のみになってますが、数値を変更すれば、その数値分出力されます。

ちなみに、サイドバーに現在ライターとして寄稿している「ひよこガジェンヌ」で更新された自分の記事を表示させていますが、これもこの方法を使って表示させています。

余計なjavascriptとか表示させたくないよっていう人には、なかなか便利な機能だと思うので、WordPressユーザーの人はうまく使っていきたいところですね。

「WordPress」新着記事

カスタムブロックを追加するなら「Block Lab」プラグインを導入すると幸せかもしれない

Avatar for ホシナ カズキ

ホシナ カズキ

大規模・広範囲にわたるクラッキングによるWordPress改ざん事案が発生中

Avatar for ホシナ カズキ

ホシナ カズキ

【2016年版】モバデビで絶賛稼働中のWordPressプラグイン

Avatar for ホシナ カズキ

ホシナ カズキ

「SNS Count Cache」v0.10.0におけるFacebook取得の不具合を解決する

Avatar for ホシナ カズキ

ホシナ カズキ

「SNS Count Cache」のFacebookカウント数取得できない問題を暫定的に解決した

Avatar for ホシナ カズキ

ホシナ カズキ

もっと見る

モバデビモバイルウェブのネタ、ニュースMaciPhoneなどのApple関連、WordPressのことなど、いろいろ書く雑食系ブログメディア。
ためになるかもしれないし、ならないかもしれない。そこそこ更新してますそこそこ。

このブログについてもっと詳しく