手のひらの上で国宝を眺めるiPhoneアプリ「e国宝」にうっとり

Web上で国立博物館収蔵の国宝や重文を閲覧できる「e国宝」。

そのiPhone/iPod touch向けアプリケーションがリリースされていたので、さっそくダウンロードしてみたんですが、なにこの高精細さ。
あまりの美麗さに目を奪われ、もううっとりしまくりです。

元々こうした古美術品やらが大好きなので、ブラウザから閲覧する「e国宝」はよく観ていたんですよ。今回のiPhone/iPod touchアプリ化は、実を言えばかなり待望していたんですよね。

閲覧できるのはWeb版と同じもののようで、カテゴリ一覧はそのままです。

明瞭簡潔な解説文も読める

こうした国宝や重要文化財に欠かせないのが解説文。
そのものの来歴を知ることは鑑賞すると共に重要なことですからね。

本来は来歴に内包された歴史というところまで知りたいところなんですけど、まぁこればっかりは求めづらいので仕方ないですかね。
そこを空想するのが楽しいと言えば楽しいので、解説文だけでも個人的に充分楽しめてますけど。

ああ、それにしても刀剣の美しさにはほれぼれしますな。

肉眼では確認しづらいところまで見える

Web版にもいえることですが、画像の高精細さのお陰で、肉眼では確認しづらいところまで楽しむことが出来ます。

うわぁ、この造形美・・・。あまりの美しさに鼻血出そう。

これ以外にも、書跡や絵画、彫刻、さらには一級品の歴史史料まで、国立博物館収蔵品はひたすら眺めることが出来ます。
ベッドに潜り込んでアプリを立ち上げて眺め続けるのは至福の時間ですよ。いやもうマジで。

こうしたものが好きな方は間違いなくダウンロードするべきアプリですね。