iOS6、初のアップデートとなるiOS6.0.1提供開始! 表示関連やネットワーク関連などのバグ修正

キタ━━━(Д゚(○=(゚∀゚)=○)Д゚)━━━!!

iOS6としては初のアップデートとなるバージョン6.0.1が提供開始されましたよ。
表示関連、ネットワーク関連などさまざまなバージョンアップが図られているようです。

iOS 6.0.1 ソフトウェアアップデート

アップデートの容量は47.6MB。これはiPhone4Sでアップデートした場合で、iPhone5の場合はさらに膨らんで69.9MBのアップデート容量になっているようです。

アップデートを適用することで、以下のようなことが解決されるとのこと。

  • ソフトウェアアップデートをワイヤレスでiPhone5にインストールできない問題。
  • キーボード上に横線が表示される問題。
  • カメラフラッシュが消えなくなる問題。
  • 暗号化されたWPA2 Wi-Fiネットワーク接続時のiPhone5およびiPod touch(第5世代)の信頼性向上。
  • iPhoneでモバイルデータ通信ネットワークを使用できなくなる問題。
  • iTunes Match用に”モバイルデータ通信”スイッチを統合。
  • パスコードロック設定時、ロック画面からPassbookパスの詳細にアクセスできてしまう問題。
  • Exchange会議に影響する問題。

iPhone4SとiPhone5でどのくらいアップデート関連の差分があるかはわかりませんが、iPhone4SユーザーでiOS6にアップデートした人は、今回のマイナーアップデート適用もしておいたほうがいいでしょうね。

ちなみに、iPhone5発売以降にiPhoneに乗り換えた人向けに、アップデートの方法を簡単に書いておくと、

[設定]→[一般]→[ソフトウェアアップデート]→[ダウンロードしてインストール]

の順にタップしていけばOK。あとは放置しておけば勝手にアップデートして再起動してくれます。

バッテリーのことを考えて充電しながら実施するほうがいいかもしれません。結構消耗激しかったりするので。