iOS版「Vine」がHD動画の投稿に対応! HDを有効化する設定変更の手順

6秒ループ動画の投稿アプリ「Vine」が、まずはiOS版からになりますが、HD(高精細)動画のアップロードに対応しました。
HD動画をアップロードするためには、ちょっと設定を自分で変更する必要があります。HDで動画をアップしたいという場合は、本記事で紹介する手順で、設定を変えるようにしましょう。

Vine, Twitter
Vine, Twitter Photo by clasesdeperiodismo

というか、Vineって以前、解像度を720pに向上させているので、今回のHD対応って1080pに対応したということなんでしょうかね? どうにもこのあたりVine公式ブログでも触れられていなくて、ちょっとよくわかっていません。

それはともかくとして設定の変更ですが、以下の場所に設定項目があります。

Vine HD設定

「Vine」を開いたら[プロフィール]タブへ行き、[設定]から[コンテンツ]へ進みます。そこに[Upload HD]という項目があるので、これにチェックを入れるだけ。至って簡単ですね。

あとはこれまでどおり動画を撮りアップロードするだけです。

そこまで画質が違うのかどうかと言われると、「・・・はて?」という気がしないでもないのですが、今回新しくHDをONにしてから撮ったものと、以前のものを並べてみるので、見比べてみてください。

上が旧設定のもの、下がHD設定のものです。

うにゅー・・・よくわかんないですね。
でも、わずかに下の動画のほうがキレイに見えなくもない・・・かな?

アプリから見ると、かなり違って見えるんですが、もしかしてEmbedではHDで出力されていないんでしょうか。

やっぱり自分で撮影してアプリから確認してみるのが一番いいかもしれません。
ということで、iPhoneでVineを使っているユーザーは、早速設定を変えて投稿してみてください。