Automattic社が人気プラグイン「WooCommerce」を買収

EC系には衝撃的。
「WordPress.com」を運営するAutomattic社が、WordPressをオンラインショップ化する人気プラグイン「WooCommerce」の買収を発表しました。

いやー驚きですねぇ。Automattic的にはそっち方向に手を広げるんでしょうか。

WooCommerceとは?

WooCommerce

ブログ一辺倒でWordPressを使う人には、ほとんど縁のないプラグイン。
このプラグインを導入することで、WordPressに商品情報の登録機能や決済機能など、Eコマースサイトに不可欠な機能を実装することができます。

WordPressの全プラグインのダウンロードベスト10に入っていて、世界中で利用されていると言っても過言ではないでしょう。

そんなプラグインが、Automattic社によって買収されたわけです。

Automatticは買収価格を発表していないが、私の取材に対して「これまでの当社の買収の中でも群を抜いて最大」だと明かした。

TechCrunch Japan  より引用

とのことで、Automattic社のEC分野に対する本気度がめちゃくちゃ高いんだろうなぁということが伺えます。

WooCommerceの今後は?

買収はされましたが、今後もプラグイン提供はこのまま続くでしょう。
実際、以前買収された「BruteProtect」というプラグインは、現在もそのまま提供されてますし、それは「WooCommerce」も同様ではないかと思います。

ひとつ考えられることとしては、Automattic社が提供している「JetPack by WordPress.com」への、簡易的なEC機能の追加ですね。

先日、プロテクト機能が追加されましたが、これって「BruteProtect」が元になってるはずですし、同じようにWooCommerceから限定的に機能を抜き出して、JetPackで提供する可能性は十分ありそうですよね。

もしかしたら、ガッツリそのままJetPackのパッケージになる可能性もありそうですが、いずれにせよ、WordPressを使って簡単に独自ECサイトがさらに作りやすくなるのではないかと思います。

ホントいろいろ使い勝手がいいですよね、WordPressって。