「ドコモの保険®」にて自転車等の事故で最大2億円補償する「ドコモ サイクル保険™」を開始

NTTドコモが東京海上日動と共同で提供している、ケータイからカンタン加入できるサービス「ドコモの保険®」。

旅行やイベント時の事故やケガ、盗難に対応する「ドコモ ワンタイム保険」、プレミアクラブ会員向けの入院、手術等に対応する「ドコモ 医療保険」に加えて、から自転車等の事故に対応する「ドコモ サイクル保険™」がスタートします。

Photo:Cycling Oxford By:tejvanphotosPhoto:Cycling Oxford By tejvanphotos

docomoユーザーもあんまり知らないかもしれませんが、結構前からdocomoは保険サービスを提供してるんですよね。

手続きもカンタンで、申込書などは必要とせず、docomoのネットワーク暗証番号と生年月日を入力するだけ。保険料の支払いも毎月の使用料との合算。
なかなかいい感じの保険サービスなのです。

ここに、新しく自転車などの乗り物に対応する「ドコモ サイクル保険」が加わります。

近年、自転車の事故件数というのは減少傾向にあるとはいえ、かなりの件数発生しています。自分だけが怪我するならまだしも、他人を巻き込むかたちの事故もかなり多い。
これによって発生する賠償責任を果たす場合、自転車はあくまでも軽車両という位置づけになりますから、かなりの責任が発生することになり、賠償額も相当額支払う必要があります。

今回提供される「ドコモ サイクル保険」では、こうした自転車事故における入院、通院を補償するだけでなく、他人を怪我・死亡させて発生した賠償金を最大2億円まで補償するという内容になっています。

ドコモ サイクル保険

プランは3つ。
家族全員が対象となる家族プランだと月額980円、夫婦プランであれば640円、個人プランになると440円とワンコイン以下の金額で保険に加入できるんですね。

また、この保険は補償範囲が広いので、他社が提供している自転車事故保険と比較してもかなりお得っぽいのが特徴。

NewImage

例えばショッピング中にお店の商品を壊してしまった、スポーツ中に人にケガをさせたといったことで発生する賠償責任に対しても最大2億円を補償。

さらに自転車以外の事故、例えば車との接触事故(歩行時含む)やベビーカーでの転倒事故によって発生する賠償金も補償されます。

加入することで加害事故の場合の示談交渉サービスもセットになるというので、自転車保険としてはいたれりつくせりですな。


事故を起こさないように気をつける、十二分に注意するということは不可欠ではありますが、どんなに意識していても何が原因で事故が起きるかわかりません。
そうしたときにいざ加入していると確かに安心ですよね。

docomoユーザー(プレミアクラブ会員)限定ではありますが、日々自転車に乗ることの多い人や、子供が産まれてお出かけの際にベビーカーを必須としている人で、この手の保険に加入していないというなら、加入を検討してみてもいいかもしれません。

個人向けが月額440円というのは、かなり魅力的な金額ですしね。僕もときどき自転車に乗るし加入しておこうかなと思います。

報道発表資料 : 「ドコモ サイクル保険」を提供開始 | NTTドコモ報道発表資料 : 「ドコモ サイクル保険」を提供開始 | NTTドコモ