2012年秋docomoからLTE対応版のiPhoneとiPadが登場!? 公式には否定

いよいよ実現の見通しでしょうか。

本日未明からネット上を駆け巡っていますが、docomoがいよいよ2012年秋からLTEに対応したiPhoneとiPadの次世代機・・・しかもLTE(docomoで言うところのXiに対応した)を発売する、というニュースが流れています。

ドコモ、来年夏にiPhone参入:日経ビジネス

日経ビジネスによると、docomoがAppleとの販売に関して基本合意が行われたとされており、まずはiPadのLTE対応次世代機を2012年夏までに投入、その後2012年秋にはiPhoneのLTE対応次世代機を投入するという流れになるのではないかとされています。

アップルはドコモにiPhoneやiPadの販売権を与える条件として、ドコモが昨年12月に商用化したLTEネットワーク(サービス名は「Xi(クロッシィ)」)に対応させることを要求し、ドコモがこれに応じたもようだ。アップルがiPadとiPhoneにLTEの通信機能を搭載するのは、今回が初めて。

via. ドコモ、来年夏にiPhone参入:日経ビジネス

基本合意に至った最大の理由としては、docomoが他キャリアに先駆けて実用化したLTEをAppleが評価したようですね。

まぁ、docomoはたびたびiPhoneについては「諦めていない」と発言を重ねていましたが、漸く実を結んだということになりますか。

しかし、実際のところdocomoからは正式に発表がされているわけでもなく、報道そのものはリークによる・・・という嘘か真かわからんものなので、docomoユーザー的に諸手を挙げてヾ(*´∀`*)ノキャッキャできない状態ではあります。というか、LTE対応の次世代機をAppleが出すのは想定内ではあるものの、リークでそういう情報が出てきてしまうとか、それってどうなのかなぁという気がしないでもないですし。

ただ、先日のKDDIから発売される前も「KDDIからiPhone出るぞ」っていうリークがありましたからね。全くの誤報だとも言えないというのも事実。
docomoユーザー的には兎にも角にもdocomoが正式発表を早急にすることを願うわけです。

モバイル業界の三竦み再び

SoftBank Mobileが日本初のiPhoneを投入して以来、堅調に契約純増数を上げてきたことで、docomoは厳しい状況へと年々追いやられ、今年に入って一時期は盛り返したものの、KDDIからのiPhone投入を境に、再び純増数docomo最下位という結果になっています。

docomoが2012年からiPhoneとiPadを投入することで、SoftBank、KDDIと同じ土俵に立つことで、再び三竦みの状態になりそうです。

docomoとしては王者に返り咲くことが最大級の目標。しかし端末面での差別化は難しいですし、そのためにも通信品質や通信価格で勝負してくるのは間違いありません。当然SoftBankもKDDIもそれに応じた競争をしてくるとは思いますが、ユーザー的には今以上に嬉しい状況になっていくのではないか? と期待せざるを得ませんよね。

うーん、個人的にはSIMフリー版買おうかなぁと考えていた矢先の話。

こりゃSIMフリーiPhoneを買うのは正式発表を待ってからの方が良さそうですな。

追記
フジサンケイビジネスアイがどうやらdocomoに対して取材したようですね。Twitterにてこんなツイートが。

むぅ・・・。基本合意は行われていないというdocomo広報。

まぁ正式発表してませんし、いずれにしてもこの回答になるだろうとは思いますけど。

果たして真実か否か・・・。

モバデビの最新情報をチェック