Googleがオンライン画像編集「Picnik」など6つのサービスを終了へ

ちょっとFlickrにアップした写真を編集しようとオンライン画像編集サービス「Picnik」につないだら、「2012年4月19日にサービスが終了するんだ」なんていう唐突な告知。

2010年にGoogleが買収し、その後Picasa Web Albumsに統合されたこともあって、そのうちサービス終わっちゃうのかなぁなんていう思いもありましたが、よもやそんな思いを忘れた頃に終了告知をされるとは・・・w

Picnik終了のお知らせ by Flickr

こちらはFlickrからPicnikにつないだときに表示されたメッセージ。

終了の告知と共に、これまで有料だったプレミアムな機能が終了日までみんなに解放するよ的なことも書かれています。いや、でも4/19には終わっちゃうじゃないか・・・。

Picnik is closing

こちらは「Picnik」のトップページに表示されるメッセージ。ああ、ホントに終わっちゃうのかいPicnik・・・。

完璧終了ということで、現在Picnikユーザーが保存しているデータは、Google+へ移行もしくはダウンロードができるようになっています。
なお、有料会員には向こう数週間の間に払い戻しがされることも決まっているみたいです。

うーん、4/19以降はFlickrでは画像編集ができなくなっちゃうのか。。
いつもアップロードをする前にApertureで現像してるので、そこまで使う頻度が高くなかったとは言え、使い勝手が良かっただけに残念でなりません。

ちなみに、Googleはこの「Picnik」を終了させるだけでなく、その他5つのサービスも終了させると告知しています。終了となるサービスは以下のとおりです。

  • Google Message Continuity
    メールバックアップサービス。
    Exchangeサーバが落ちたときにも、Gmail経由で利用できるようにするというものでしたが、Google Appsでいいじゃんっていう企業が増えたので終了。
  • Google Sky Map
    Android向けの天体観測アプリ。
    公開後2000万本以上ダウンロードされたという実績があります。そういう実績があるからなのか、終了後はオープンソース化される見込みだそうです。
  • Needlebase
    よく知らないんですけど、Web上のデータを収集・分析、公開できるデータ管理プラットフォームだそうです。個人的には縁のないツールだったので「ふーん」程度なんですが。終了予定は2012年6月20日だそうです。
  • Social Graph API
    インターネット上のユーザーの友だち関係やらリンクの情報を集約して、SNSだったりブログだったりで活用しようっていうためのツールとして2008年に公開されました。
    しかし「期待したのに需要なくね?」ってことで終了。
  • Urchin
    Webアクセス解析ツールとして名高いUrchinでしたが、Googleが買収し、無料アクセス解析ツール「Google Analytics」の基盤に。
    今回終了するのは企業サーバにインストールする有償ツールとしてのUrchinだそうです。ライセンス提供は3月で終了とのこと。

サービス終了の発表は今回で4回目になりますが、GoogleのCEOがラリー・ペイジになってからというものガッツンガッツン終わり終わり終わりっていう話ばっかりですね。

またサービス終了の発表って続くんでしょうかねぇ。

それにしてもPicnikは残念だなぁ。