【超朗報】「ひらくPCバッグmini」登場! コンセプトそのままのコンパクト版

みたいもん!のいしたにさん(masakiishitani)がプロデュースする「ひらくPCバッグ」。発売されてから早3年半ほどでしょうか。これまでカラバリ投入や、いろいろなコラボ製品の登場がありましたが、ここにきてとうとうニュータイプのひらPが発売となりました。
コンセプトそのままにコンパクト化された「ひらくPCバッグmini」です。

ひらくPCバッグmini

いしたにさんに初代のひらPをギフティングいただいてから、以来普段使いさせてもらっているのですが、結構な大荷物でもあっさり入り、それでいて体への負担が小さいということもあり、大変重宝しています。

さて、そんなひらPにコンパクトなニュータイプが追加され、本日2/16から発売されました。ネット上での反応も凄まじく、この記事を書いている18時30分現在、すでに本日発送分に関しては売り切れてしまったカラバリが出るほど。

いやはやとんでもない人気の高さですね。

みんなコンパクトなのを待っていた?

というのもですね、これはひらPユーザーが共通して声にすることが多いんですが、もともと15インチのMacBook Proを想定したサイズ感ということもあり、従来のひらくPCバッグは幅の外寸が40cmほどあるため、背負っている本人の体よりも横に飛び出てしまうことがネックでした。

混雑した場所で人に当たってしまうこともありますし、ぎゅうぎゅうの満員電車は言わずもがな。イスに座ればかばんがはみ出て隣の人にご迷惑をおかけすることもしばしば。

このことからユーザーの間で、もう少し小さい感じになると嬉しいねぇ、という話があったりなかったりしたわけです。

ひらPminiは13インチサイズまで入る!

“mini”と付いて、それでいてコンパクト化されたと言っても、ひらPならではの収納力の高さは、従来のひらくPCバッグとくらべても遜色はなさそうです。

ひらくPCバッグmini

基本的にはこれまでの横型から縦型へ変更され、サイズ的には僅かに小さくなった程度っぽいです。実物で比較しているわけではないので、あくまでも数字で見た限りではありますが。

サイズがコンパクトになったというよりかは、スタイルがスマートになったというほうがいいのかもしれませんね。

内寸からすると15インチのMacBook Proは無理めですが、13インチのMacBook Pro、MacBook Pro Retinaはラクラク入ります。
当然のことながら、新しい12インチのMacBookは余裕しゃくしゃくで入れられますし、Surface Proだってあっさり入りますよ。

あなたならどの色を選ぶ?

ひらくPCバッグmini」のカラバリは、

  • ブラック
  • オリーブグレー
  • ブラウン

の3色で展開されます。人気が高いのはブラックとブラウンのようです。
確かにブラウンの色合いはいいよなー。好きな色ですわ。

でも個人的にはブラックも捨てがたい。現在使用している初代型ひらPもブラックなので、同色で揃えたいとも思いますしね。


兎にも角にも、またもや界隈で揃える人続出するんだろうなぁw
でもね、これPC持ち歩く人にはほんとにいいバッグだと思うので、ぜひチェックしてみてほしいです。

表参道駅近くにある南青山のギャラリーストアで実物をチェックすることができるので、お近くの方はふらっと立ち寄ってみてくださいな。