ブログのアクセス導線になるかも? LINEが「LINE@ ID」を全ユーザー向けにリリース

へぇー、全ユーザーで利用可能になるんだ。

LINEが店舗や施設などの集客サービスとして提供してきた「LINE@ ID」を、個人・法人問わず、全ユーザー向けに開放することを発表しました。
リリースは2014年内で、利用するための専用アプリをiOS、Android向けにリリースするとのこと。

「LINE@」とは?

LINE@ ID

LINEが提供する店舗・施設・企業向けの情報配信ツール・・・とでも言えばいいんですかね。LINEの中に専用のサイト的なページを持てたり、LINEを通してフォローしてくれているユーザーに向けてお知らせやクーポンを発信したりすることができるサービスです。

利用するには審査があるものの、特に費用が発生しません。

今回の発表で個人・法人問わず審査なしで利用できるようになるということが明らかになったわけで、これは以前に審査で通らなかったという企業や店舗には、かなり嬉しい展開なのではないでしょうか。

個人だとどういう使い方ができるだろうか?

リリースは2014年内ということで、まだもう少し先の話になるわけですが、これが個人に開放されて、どういう使い方ができるかなんですよねぇ。

まぁやっぱり個人でも商売やってるような人、特にリアルな商品を売ってるとかでしょうかね。あとは、LINEのスタンプクリエーターとか?

ガイドライン的にどうなるかはわからんのですが、例えばブログの「LINE@」を開設するとか可能なのかなぁ。
FacebookページとかGoogle+ページみたいな感じで、フォローしてくれているユーザーに向けて更新情報を配信したり、そうした使い方ができるようになると、スマホからの閲覧が多くなってきている今、大きな導線にできるんじゃないかと思うんですがね。

まぁ、仮にそれができたとしても、ブログの更新情報をどうやってシームレスに送信するかとか、その辺を考えないといけないわけですが、今後出てくる情報を合わせて検討して、可能なら実施してみたいところです。


ということで、ブログでも利用が可能だそうです。複数取得も可能で、管理はひとつのアプリから行うことができるとのことですよ。

WordPressで更新した情報をどうやって自動的に配信させるか、仕様を見つつ考えてみようと思います。まぁなんかプラグイン出てきそうな気もするけど。

source: Engadget Japanese