人工知能の自動アフィリエイトリンク生成ツール「LinkPlaza」が9月17日で提供終了へ

所定のjavascriptを入れることで、人工知能によってコンテンツ内のキーワードを自動的にアフィリエイトリンクにしてくれる「LinkPlaza」。2013年9月のテストサービス開始からわずか2年ですが、サービスの提供終了が発表されました。
正式版リリースが2014年11月だったことを考えると、えらく見切りをつけたのが早かったですねー。

Photo:Exercise Plays Vital Role Maintaining Brain Health By:A Health Blog
Photo:Exercise Plays Vital Role Maintaining Brain Health By A Health Blog

このツール、テスト版開始時に100名限定でテストユーザーを募集していまして、当ブログでも一時期導入し、紹介したことがありました。

当時はまだ楽天にしか対応していませんでしたが、リンク生成の方法はSEOを阻害することもなく、なかなか良さげで、その後の発展具合が楽しみだったのですが、いかんせんjavascriptが重くて、サイト高速化の観点から外してしまいました。

そのうち改善されて対応するサイトも増えてきたらまた使うかー、などと考えていたら今回提供終了が発表されるという。。

予想以上に話題にならなくて人が集まらなかったのか、それともアフィリエイトリンクの自動生成が大人の事情的なことで許されないものになってしまったのか。
提供終了の理由については、特にリリースでも明言されていないので、はっきりとしたことはわかりませんけど、期待していた分残念感も強いところであります。

新規の登録はすでに締めきっており、今後の流れとしては2015年9月17日にサービス提供を終了。翌9月18日以降は生成されたリンクのレポート閲覧機能を含め、全ての機能が停止となります。

LinkPlaza利用の際に挿入したscriptコードについてですが、こちらも9月18日以降は機能しなくなり、コンテンツ内のキーワードの自動リンク化も停止されるとのこと。

提供元のStudio Ousiaは、メンテナンスの観点からコードの削除を推奨していますので、現在も利用している場合は削除しておくようにしましょう。