「macOS Mojave」のお迎え準備もOK? Appleがアップデートの準備ページを公開

先日の「iOS 12」に引き続き、今秋公開となるmacOSの最新版「macOS Mojave」でも、アップデート準備のページを公開していました。

今回の新OSはいろいろと詰め込まれていて、なかなかに楽しみなんですよねえ。ダークモードの搭載やスタックなどの新機能、4つの新アプリ。どれも早く使ってみたいところです。

macOS Mojave に備える

さて、そんなMojaveへのアップデートを前に、Appleが公開したページでは、

  • 最新OSと互換性のあるマシン
  • ストレージの空き容量
  • バックアップの作成

といったことに触れられています。以前からMacを使ってきている人なら、まあ至極当然の内容ではありますが、それはあくまでもMacへの理解度が高いか、あるいはMac愛が強い人達限定の話。

あまりよくはわかっていないけどMacを使っているという層にとっては、きちんと知っておいて欲しい内容で構成されています。といってもiOSと同じような内容だったりするわけですが、手順なりなんなりは異なるので、きちんと読んでおくとよろしいかと思います。

なお、macOS Mojaveに対応するのは、

  • MacBook (Early 2015 以降)
  • MacBook Air (Mid 2012 以降)
  • MacBook Pro (Mid 2012 以降)
  • Mac mini (Late 2012 以降)
  • iMac (Late 2012 以降)
  • iMac Pro (全モデル)
  • Mac Pro (Late 2013、Metal 対応の推奨グラフィックプロセッサ (MSI Gaming Radeon RX 560、Sapphire Radeon PULSE RX 580 など) を搭載した Mid 2010 または Mid 2012 モデル)

となっているそう。iPhone同様に、かなり広めの範囲でアップデートが可能になってますね。とりあえず、メインマシンのみならず、据え置きとして使っているMacBook Pro 15inchもギリギリアップデート対象となっているのは良かった。

最新iOSとともに、リリースを首を長くして待っておきたいと思います。

モバデビの最新情報をチェック