Facebookがクリック狙いの投稿を排除しリンクフォーマットの投稿を優遇へ

Facebookがニュースフィードアルゴリズムを更新すると発表しました!

今回のアルゴリズム更新で大きく2つの変化がもたらされます。ひとつはクリック狙いの投稿における表示優先度が下げられること。そしてもうひとつはリンクフォーマットによる投稿の表示優先度が上げられることです。

Facebook FlowerFacebook Flower Photo by mkhmarketing

Facebookを普通に使う一般ユーザーにとっては特に気にするべきものではないですが、ブログの更新情報を個人アカウントやFacebookページで投稿している人にとっては要注目の変更ですね。

クリック狙いの投稿とは?

今回のアルゴリズム更新で表示されにくくなる“クリック狙いの投稿”とはどのようなものなんでしょうか?

Click baiting

これは写真を意図的に足下だけ切り抜き、クリックを煽るようなテキストとリンク先のURLを記載して投稿されています。Facebookによるとこの手の投稿がNGになるそうです。

  1. ユーザーがリンクをクリックし、リンク先から戻ってくる時間の計測
  2. リンクをクリックしたユーザー数とリンク先についてコミュニケーションが行われている割合

という2点から、クリック狙いの投稿であるかどうかを判断していくとのこと。まぁ、写真投稿でテキストとリンクが付けられてるものが全部ダメというわけではないということですね。
とは言え、そういう投稿って全体的に狙ってる感あるからなぁ。。

リンクフォーマットの投稿を優遇

表示優先度が上げられるリンクフォーマットの投稿とは、要は単純にリンクを入れて投稿したこういうやつのこと。

リンクフォーマットの投稿

サイト側で設定しているOGPに基いて、サムネイル、記事タイトル、記事概要が表示されるアレです。今後はこのタイプの投稿が優遇されるというわけです。
こうなってくると、ますますOGPの設定が大事になってきますね。

Facebookの発表によると、統計的にリンクフォーマットの投稿のほうが効果的であることと、スマートフォン環境において画像をタップしてリンク先へ飛べるほうがユーザビリティが高いとのこと。まぁそらそうだわな。

以前までのリンク投稿だと、表示されるサムネイルが小さくてクリック微妙じゃね? ってことで写真投稿にURLを組み合わせたものが定着していったわけですが、現在のリンク投稿はサムネイル自体大きくなってますから、写真で投稿する意味があんまりないっちゃない。
それに写真投稿だと写真をクリックするとリンク先ではなくモーダルウィンドウで表示されるだけですからね。

Facebookは、基本的にユーザーに取ってもらいたいアクションに応じて、最適なフォーマットで投稿することを奨めています。
リンク先を見てもらいたければリンク(を入れたテキスト)投稿を、写真や動画をニュースフィード上で見てもらいたいなら写真投稿や動画投稿を使うべきということですね。

あー、うちの過去記事の投稿が写真投稿になってるので、ちょっとフォーマット変えるようにしないとなー。

via. Facebook Newsroom

モバデビの最新情報をチェック