「パンダアップデート 4.0」来たる! 検索結果に大きく影響出ている模様

今年に入ってからなんか数字が芳しくないので、ぶっちゃけ気づいてないっちゃ気づいてなかったんですが、Googleが検索アルゴリズム更新「パンダアップデート 4.0」をリリースしていたようです。
先週末くらいから検索順位に割りと大きな変動が出てきているみたいですね。ポジティブに働いてくれればいいんだけどなぁ。

PandaPanda bear Photo by APM Alex

おさらい! パンダアップデートとは?

以前にも書いた覚えはありますが、「パンダアップデート」とはGoogleの検索アルゴリズムのうち、コンテンツ品質評価に関連した一連の更新のこと。

このアルゴリズムの更新は、低品質な内容の薄いコンテンツが検索上位に来ないようにするとともに、品質の高いコンテンツが、関連するキーワードで適切に上位表示されるようにするのが目的です。

検索順位の大変動がありそうだなぁ

詳細は不明ですが、Googleのマット・カッツ氏がアップデートを実施したとツイートしています。

スパムを排除するためのアップデートを施してもいるようですね。

とりあえず確認できる範囲で追ってみたんですが、当ブログの場合キーワード検索で順位が落ちているものも少々ありましたが、とりあえず大部分は上がっている感じでした。

今後どうなるかわかりませんけどね。。

粛々と品質を上げる作業を繰り返す

今回のアップデートで検索流入がどんな状態になっているのかなど、チェックしておいたほうがいいのかもしれませんが、アップデートで順位が上った下がったと一喜一憂していてもしょうがないので、とにかく粛々とコンテンツ(記事)の品質を高める作業をしないとですね。

ここ最近、ちょこちょこと過去記事に手を入れているのですが、これが今後アルゴリズムでどう影響を受けるかを注視しつつ、作業を繰り返していこうと思っています。

あとは内部的な構造の見直しでしょうかね。構造化データを適切にマークアップするなど、こちらも以前からちょいちょいやってるので継続して最適化していきたいところです。

[amazon asin=’4844335359′ type=’banner’]

モバデビの最新情報をチェック