永久に眠れ・・・! Internet Explorer 8/9/10がサポート終了へ

これはWeb制作者が歓喜すること間違いなし。
2016年1月12日をもって、Internet Explorer 8、Internet Explorer 9、Internet Explorer 10のサポートを完全かつ不可逆的に終了します。
セキュリティアップデートもされなくなるので、当該ブラウザのユーザーは早急に別のブラウザへ乗り換えることが推奨されます。

Photo:The thing that should not be II By:evil nicknamePhoto:The thing that should not be II By evil nickname

Web制作・・・特にコーディングをする人にとって最大の難敵というか、ただひたすらに面倒で面倒で仕方ないのが、古いバージョンのInternet Explorerへの対応。

今回のサポート終了によって、この煩わしさから解放されるかもしれません。

なにしろセキュリティアップデートを含む、すべてのアップデートがされなくなるわけで、当該ブラウザをその後も利用し続けていると、もしかしたら重大なエラーや、まだ塞がれていないセキュリティホールを利用したクラッキング被害に見舞われる可能性がありますから、サポートが終了する以上、サポートが継続されるIE11や最新のEdge、あるいは他のモダンブラウザに乗り換える必要が出てきます。

そうなれば、必然的にIE 8/9/10の利用割合も大きく減少するでしょうし、制作者サイドからすれば、サポート終了を理由に対応コストをかける必要はないと説明しやすい状況も生まれますからね。

まぁ、1月12日過ぎたらすぐに・・・というわけにはいきませんが、近いうちにそういう流れになるのは間違いないでしょう。

Web制作者にとっては嬉しい展開。
ということで、歓喜の声に包まれつつ、IEよ安らかに成仏したまえ。南無。