TwitterがDM仕様の変更でオープンなコミュニケーションチャネルへ

順次すべてのユーザーに開放されるようですが、Twitterがダイレクトメッセージ(DM)の仕様を変更しました。

この仕様変更により、これまでよりも柔軟なダイレクトメッセージの使い方が可能になります。ただし、スパム的なメッセージも増えるかもしれません。。

Twitter friki!!
Photo:Twitter friki!! By gaelx

TwitterのDMはこれまでの仕様だと、

  • 自分がフォローしている相手からのみ受信可能
  • フォロワーのみに送信可能

というものでした。すごい中途半端なんですが、要は自分がフォローしている相手にはDMが送信できるというものだったんですね。
とは言え、この仕様にもネットワーク成長を促進やスパムの防止というメリットもあるわけで、一概に困った仕様とも言えないわけです。

ただ、今回の仕様変更によって、こうした制約が取っ払われ、自分がフォローしていない相手からのDMも受信できるようになります。
今までのように、こちらがフォローしないと相手からDMがもらえないという面倒がなくなるんですね。

なお、この変更に関しては、ユーザー側の設定で自分がフォローしていない相手からのDMを受信するか否かを選ぶことができます。
仕様変更が反映されていれば、アカウント設定の画面に「Messages」という項目が増えており、そこに加わった「Receive direct messages from any follower」にチェックを入れることで、誰からのDMでも受信が可能になります。
デフォルトでは無効になっています。

10/16現在、まだ日本語版には反映されておらず、英語版でも反映はまちまちのようですね。そのうち全ユーザーに反映されるとは思いますが、まだ時間はかかりそう。

仮にチェックを入れて、自分がフォローしていない相手からも受信するようにした場合、当然のことながらこれまで以上にスパムが増えることが考えられます。
そうしたスパムDMの処理を面倒と思わない、またスパムをスパムと断じられる判断力が求められます。特に後者のスキルは必須ですね。わけもわからずURLをクリックして他のユーザーに迷惑をかけることになりかねませんから。

今回の仕様変更が喜ばれるとしたら、ビジネス系の広報アカウントとかでしょうかね。ユーザーからの意見がmentionで公開されるよりも、非公開なDMを使いたいというシーンもあるでしょうしね。

via. Twitter Opens Direct Messages To Anyone – Software

モバデビの最新情報をチェック