3月12日は「ウェブ25周年」の節目の日だということをいまさらながら知った件

日常的に触れていながら全然知らんかったw

なんと本日は「ウェブ25周年」という節目の日なのだそうですよ。なにげに四半世紀ですかそうですか。

ウェブのお誕生日的な感じですね。おめでとうございまする。

Web at 25

25年前の1989年3月に、バーナーズ=リー氏はCERN(欧州原子核研究機構)において、後のウェブにつながる提案「Information Management: A Proposal」を執筆。1990年10月に最初のウェブブラウザーとエディターの開発に着手し、1991年8月にはウェブのソフトウェアがインターネット上で利用できるようになった。

via. 3月12日は「ウェブ25周年」、記念サイト公開 -INTERNET Watch

ということで、実際にウェブが誕生というか稼働した日というわけではなく、現在のウェブに繋がる提案がなされた日なのだそうです。

誰もがウェブに触れることができるようになった今日の、礎中の礎が世に出た日なわけですから、そりゃめでたくないわけがないですよね。
もしこの提案がなければ、もしかしたら今のウェブというものそのものがなかったり、全く違うものになっていた可能性もあるわけですから、とても重要な日であることに違いはないでしょう。

そんな25周年を記念した特設サイト「Web at 25」で、ティム・バーナーズ=リー氏がメッセージを寄せています。

Greeting from Web inventor Tim Berners-Lee on the Web’s 25th anniversary from Web25 on Vimeo.

バーナーズ=リー氏はウェブ25周年に寄せて、「ウェブを使用する数十億の人々が、今の形にウェブを造り上げたのです。その皆さんと共にこの記念すべき日をお祝いしたいと思います。この記念日は、ウェブにこの成功をもたらした信条を守るものでもあり、ウェブの限りない可能性をこれから先に、より解き放つものとなります」とするコメントを発表。ウェブに対する夢を「#web25」に寄せてほしいとしている。

via. 3月12日は「ウェブ25周年」、記念サイト公開 -INTERNET Watch

ウェブに対する夢かー。漠然とこうなったらいいのになーとか思い浮かべたりすることはあるものの、その場その場で思いつくものに近いので、いざ考え始めると難しいお題ですね。。

ここからさらに25年後のウェブはどんな道を辿ることになるのかなぁ。
25年後って僕は60歳になってるわけですが、デバイス周り含めて大きく変化して、1990年頃に考えていたような「THE未来」的なことになっているのかなぁとか考えちゃいますが、なんかさほど今と変わりがないままだったりするんですかね。

まぁどんな感じでもバリバリウェブに触れているんじゃないかなぁとは思います。

モバデビの最新情報をチェック