東京湾フェリーさん主催による初夏の南房総ツアーレポート第3弾。
今回宿泊したのは、安房郡鋸南町にある海からもほど近いホテル「ヴィラ勝山アヴェール」さん。
事前情報として"ペットともに泊まれる"ということを聞いていたので、これは動物に触れ合える? と思っていたら想像以上。ニャンコに癒やされました。

総勢12匹!? ニャンコだらけな不思議なお宿

P6093270

ホテルはやや小高い丘の上を立地。外観はレンガ造りで可愛らしい感じ。
入り口まではなだらかな坂道を登っていくわけですが、ここからすでに嬉しいお出迎えが。

P6093264

P6093266

P6093268

P6093269

ニャンコ、ニャンコ、ニャンコ、ニャンコ。
何コレ萌え死ぬ。天国かッ!?

聞くところによると、ホテル全体で12匹のニャンコたちがいるのだそう。
非常に人懐っこい子もいれば、あんまり人馴れしていない子までさまざま。
これだけでステキで無敵すぎる宿決定ですよ。ウホッ。

外観とのギャップが激しいw

さて、そんなこんなでニャンコ'sの愛くるしい歓迎を受けた後は、それぞれのお部屋へご案内いただいたわけなんですけども・・・。

P6093272

和室? え、あれ? 外観とのギャップ激しくね?
てっきり洋室なのかなーと思ってましたよ。まぁところどころ装飾は洋風っぽさもあったりするので、なんというか折衷な感じもしないでもありません。

P6093274

ちなみに個室露天風呂付。覗く景色も結構いい感じ。
なお、他の部屋はこれとはまた違った形式で樽風呂なんかの個室露天もあるようです。

ただ、やっぱりなんか外観とのギャップが激しいなぁw

大浴場や大露天風呂も充実

ヴィラ勝山アヴェールさんには個室露天風呂だけでなく、大浴場や貸し切りで利用できる大露天風呂なんかもあるので、風呂好きの人も楽しめるんじゃないでしょうかね。

瞑想の湯・頼朝の隠れ湯

まずは男女時間入れ替え制となっている瞑想の湯と頼朝の隠れ湯。

2017-06-10 08.10.05

2017-06-10 08.10.47

瞑想の湯はいわゆる内風呂ですね。3〜4人まで同時に入れる仕様。

2017-06-10 08.09.56

2017-06-10 08.10.18

2017-06-10 08.10.27

頼朝の隠れ湯は半露天。そこそこ広めでジェットバスもあります。

大露天風呂

2017-06-10 06.13.32

ヨーロッパ調のレンガ誂えな大露天風呂。夜は照明効果で幻想的な雰囲気になるのですが、個人的には日が出ている時間帯がいいなーと。

2017-06-10 06.13.42

風呂に浸かりながらではムリですが、こんな景色を眺めることができます。

雲上の露天風呂

2017-06-10 06.00.47

基本的に予約が必要になるようなのですが、ホテル本館から離れた場所にあるのが、この雲上の露天風呂。ホテルの立地となる丘の中腹あたりに位置する露天風呂です。

2017-06-10 05.57.20

本館から離れて小径を上がっていきます。

2017-06-10 05.57.41

脱衣場を兼ねた小屋の向こうには、

2017-06-10 05.58.16

これまたジェットバス付きのレンガ誂えの露天風呂があります。
ヴィラ勝山アヴェールの敷地内で最も高い位置にあるので、泊まった際にはぜひとも貸し切り予約をして押さえておきたいところですね。

豪華すぎる食事に舌鼓を打ちまくり

旅の醍醐味ともいえる食ですが、ヴィラ勝山アヴェールさんの夕食と朝食は、そんなポイントを押さえに押さえまくった内容となっていました。

ディナーは創作イタリアンと豪勢な舟盛り

P6093277

今回のツアーにおけるディナーは、ヴィラ勝山アヴェールさんのシェフが腕を奮った創作イタリアン料理と、南房総ならではの新鮮な魚介を、これでもか! というくらいの豪奢な舟盛りでした。

P6093279

P6093280

P6093281

P6093286

P6093282

舟盛りはもちろん新鮮地魚。この日はヒラメ、金目鯛、鯵、マグロの4種盛り。
舟盛りひとつで3人前とのことでしたが、量が多いw

ちなみに舟盛りは追加オプションとなっています。追加料金はひとりあたり400円だそう。リーズナブルすぎるでしょ。。

P6093288

ヴィラ勝山アヴェールさんの名物料理であるビーフシチューももちろん出ます。
小さめの土鍋で1人前。ごろっとした大きな牛肉がホロホロとなるまで煮込まれていて絶品。

P6093289

締めのデザートはベリーのムース的なやつ。
いやはや満足満腹すぎるディナーでした。

朝食もボリューム満載!

P6103323

ディナーもすごかったですが、翌日の朝食もとてもボリューミー。
「朝からこんなに食えぬ・・・ぬぅ」と思ってましたけど、起床後に散歩に出かけていたおかげか、これまたペロリと完食。

P6103324

さらにものっすごい大きなお椀に入った豚汁も。

P6103325

食後はキリッとブラックコーヒーで締め。

朝からニャンコと戯れ&海辺を散歩

初っ端にも書いたように、ここヴィラ勝山アヴェールさんには12匹のニャンコたちがいます。
なので、運がいいと朝からニャンコたちが部屋の外までやってきてくれます。

P6103293

個室露天の温かさに惹かれてのことだと思いますが、風呂蓋の上でくつろいでいらっしゃいましたw

P6103295

特にこの子が人懐こっくて人懐っこくて。

2017-06-10 05.43.13

バルコニーに出て我がゴッドハンドでモフってあげたら、

2017-06-10 05.44.35

足下にまとわりついて離れやしないw そうかーそんなに我がモフモフテクニックを気に入ったかーほうれほうれ。

P6103296

その後しばらくしたら風呂蓋の上で丸くなっておりました。

で。ホテルから歩いて5分くらいなんですが、実は海までフラッと行けたりします。
地図のルート上だともっと時間が掛かるんですが、そこはそれ秘密のルートがあるのです。

P6103308

はるか向こうまで何も遮るものがない景色。

P6103309

潮の香りと波の音。朝からなんとも癒やされますなぁ。(ニャンコ含む)

ドッグランやペット用露天風呂も完備!

ヴィラ勝山アヴェールさんの大きなポイントとして挙げられるのが、ペットも一緒に泊まれるという点なわけですが、そんなペット連れ・・・特にワンコ連れの宿泊客にとって嬉しいのが、敷地内に併設されているドッグランですね。

P6103298

ホテル本館から海へと向かう途中に設けられているのですが、結構広い。
写真のように専用の障害物も設置されているので、思う存分ワンコを駆け回らせて遊んであげることができます。

2017-06-10 06.08.01

ガッツリ遊んだあとはペット専用露天風呂でリフレッシュしてあげるのもお忘れなく。

特にワンコ連れにはいいホテルだと思う

P6103326

ニャンコも連れて泊まれるそうですが、ドッグランといい専用露天風呂といい、どちらかと言えばワンコ連れには非常に嬉しいホテルなのではないかなーと。

美味しい食事を味わい、各種露天風呂で癒され、ドッグランでワンコと遊び倒し、近くの海へワンコと一緒に散歩したりと。
もちろんペット連れじゃなくても十分にホテルの良さを満喫できますが、余すことなく満喫するならペットと一緒がベストかもしれません。


月影の丘ホテル ヴィラ勝山アヴェール
千葉県安房郡鋸南町大六247-2
0470-55-3464

Commentsコメントしてもらえると励みになります