東京湾フェリーさん主催の初夏の南房総ツアーレポート第4弾は、富津市のご当地グルメとして名高い"はかりめ丼"をご紹介。
"はかりめ"とは富津市で使われる穴子の別名のこと。穴子の姿が棒はかりの細長く目盛りが振られた姿に似ているところから呼ばれるようになったと言われているそうですよ。
富津特産の穴子を使ったご当地グルメとして2007年から急速に広まっています。

寿司屋でいただくはかりめ丼

そんな富津のご当地グルメを味わうために伺ったのは、富津の海が目の前という立地の「寿司・活魚料理いそね」さん。

P6103366

寿司店で丼物? とも思いますが、はかりめ丼はいそねさんの名物料理になっているのだそう。確かに店頭をはじめ、幟にいたるまで「はかりめ丼」押しが凄いもんなぁ。

こうなってくると俄然いそねさんのはかりめ丼が気になってきます。

脂ののった鯵美味い!

2017-06-10 12.14.01

はかりめ丼の前に出てきたのは、新鮮で肉厚な鯵とバカ貝(青柳)のお刺身。
バカ貝のほうは刺身だけでなく、ボイルしたものも一緒に。

2017-06-10 12.38.53

鯵がすごい肉厚なんですよ。旨味が凄い。脂がのってます。
個人的に鯵の刺身って好きで、結構よく食べるんですけど、さすがは寿司屋の刺身。いい仕事されてますねぇ。

バカ貝の刺身とボイルも美味でした。刺身は磯の香りと旨味が、ボイルはバカ貝の甘さが引き出され、生とはまた違った食感と旨味があり、どちらも甲乙つけがたい味わい。

イワシの天ぷらヤバいマジヤバい

2017-06-10 12.30.27

さらに天ぷらも登場。
タネはイワシ、ピーマン、ナス、そしてもちろん"はかりめ"こと穴子。
日本食としては王道とも言える天ぷらですからハズレなんてありえません。当然のように穴子の天ぷらとかめっちゃ美味い。

2017-06-10 12.39.58

ところがここで思わぬ伏兵が。そうイワシですよイワシ。
ふっくらぽってりとしてて味も濃厚。いやー、天ぷらでイワシってアリなんだなぁ。

秘伝のタレの照りが心をくすぐってくるぅぅぅ!

2017-06-10 12.28.57

いよいよ登場! 真打ち! はかりめ丼!
いやー、いい照り具合。輝いてる煌めいてる。

タレの味を染み込ませるため、かなり長い時間煮込んでいるのか、穴子がホロホロ。箸を差し入れるとスッと入り込むほど柔らかい。

もちろん味も最高。こりゃ富津名物になるわ。
リピートしたくなる美味しさがここにあります。


寿司・活魚料理 いそね
千葉県富津市岩瀬993-4
0439-65-3535

Commentsコメントしてもらえると励みになります