トクホなボス「ボスグリーン」が新登場! 脂肪の吸収を抑える缶コーヒー

2013年は半年ほどかけて減量しましたが、リバウンドしないために減量生活終了後も食事のバランスや節度を心がけています。

そんな僕のもとに、昨年末に応募していたサントリーさんの缶コーヒー「BOSS」の新商品「ボスグリーン」が届きました。
脂肪の吸収を抑えるトクホな缶コーヒーです。

ボスグリーン

パッケージは名前の通りグリーン。一見するとお茶っぽい印象を受けなくもないですが、れっきとしたコーヒーです。

脂肪の吸収を抑えるのは、製品に含有されている「コーヒーマンノオリゴ糖」という成分。オリゴ糖の一種で、コーヒー豆のカスを抽出・精製した液体から最近発見されたのだそう。

コーヒーと原料は全く同じなので、基本的にコーヒー同士の相性はバツグン。それでいて普通の砂糖よりも低カロリーな甘味料とのこと。

今もなお研究中の「コーヒーマンノオリゴ糖」ですが、現在までに、

  • 脂肪の吸収を抑える
  • たまった脂肪を代謝させる
  • 腸の働きを助ける
  • アレルギーになりにくくする

といった特性を持っていることが明らかになっているようです。

などといった小難しい話はさておき、肝心なのは味です味。
というわけで早速飲んでみました。

ボスグリーン

パカっとプルタブを開けてみると、割りとミルク感の強そうな色合いであることが見て取れます。

グビリと一口。

あ、甘い・・・!

なんだこの甘さ。”微糖”って表記されてますが、微糖とは全く思えないくらい甘い。
こんなに甘くて大丈夫なの? と思わず心配してしまうくらい甘い。

しかし、カロリーは1缶あたり31kcalと、他の微糖なBOSSとほぼ変わらないくらいなんですよねぇ。こんなに甘いのに。

食事時に1本、1日1回飲むのが摂取目安量として設定されているんですが、ここまで甘いと組合せる食事はかなり限られそうですね。
これからダイエットをしようっていう甘いもの好きな人にはいいかもしれませんけど。

個人的にはブラック版が出てくれると嬉しいですね。ブラックなら割とオールマイティーに食事に合わせられそうですし。

[amazon asin=’B00HD4HGE4′ type=’banner’]

発売は1/21(Tue)から。小売価格は136円で、全国のスーパーやコンビニで購入可能とのこと。気になる方は発売日以降にチェックしてみてください。

モバデビの最新情報をチェック