イチゴを漬け込んだブランデースプリッツァーを作ってみたよ!

フルーツを漬け込んだブランデーを、炭酸水やトニックウォーターで割って飲むブランデースプリッツァー。
以前、サントリーさんが主催した「つくって楽しい! ブランデースプリッツァー講座」に参加してからちょこちょこと飲んでいるのですが、今回は先日の講座参加者限定で「ブランデースプリッツァー アンバサダープログラム」のお誘いが来たので申し込んでみました。

ブランデースプリッツァー アンバサダープログラム

申し込みから数日、上のセットが到着。
サントリーのブランデーVOと漬け込むためのガラス瓶も合わせて送ってもらいましたよ。

ブランデースプリッツァー アンバサダープログラム

申し込みの時にいくつかのフルーツを選べたのですが、季節的にいいかなということでイチゴを選択しました。栃木産のとちおとめ。甘み強く酸味弱めなイチゴですね。

で、作り方。

まぁこれは至って簡単なのですが、水洗いしたイチゴのヘタ部分を切り、イチゴを半分にカットします。で、これまた水洗いしたガラス瓶にカットしたイチゴを詰め込んで、サントリーブランデーVOを瓶になみなみと注ぎます。

ブランデースプリッツァー アンバサダープログラム

あとは蓋をぴっちりして、冷蔵庫に3日間保管すればできあがりです。

以前のイベント参加レポで紹介したオレンジよりもかける手間が少ないので、ブランデースプリッツァー未体験な人は、イチゴから初めてみるといいかも。

漬け込み終わったイチゴはジャムにでもしたら美味しいかもしれないですね。

先日の講座参加時のレポートは以下からどうぞ。