中華の名店・蔭山樓の「鶏白湯塩そば」が旨すぎて凄すぎた件 (東京・自由が丘)

基本、ラーメンに全く興味がなく、まずもって食べることはないんですが、そんな僕が「マジで美味ぇ・・・!!!」と驚愕させられました。

自由が丘駅から徒歩5分ほどにある蔭山樓。フカヒレ中華の名店として名高いこの店の「鶏白湯塩そば」が凄まじく旨かったのです。

もっと写真撮っておけば良かった・・・と記事を書きながら後悔しているわけですが、今更どうにもならんので、今回はたった1枚の写真だけで、なんとかお伝えしたいと思います。

蔭山樓 鶏白湯塩そば

写真を見返しただけで、舌の上に味の記憶が蘇ってよだれが・・・。

随分前から話題になっていたので、情報として蔭山樓も鶏白湯塩そばも知ってはいましたが、実物は初めて。なにせラーメンに興味ないので。

それなのに、目の前に配膳されたときの香りといい、洗練された彩りといい、なんとも食欲がそそられましたよ。ひと目で「あっ、これヤバいやつだ。絶対美味いやつだ」と確信しました。

まずはスープから頂いたのですが、

濃・・・厚ッ・・・!!

普通塩味というと、あっさりさっぱりとしたものだと思うんですが、めっちゃトロッとしててミルキー。そして舌触りはとてもシルキー。

味は確かに塩なんですけど、鶏の最上級の旨味を抽出・凝縮してあるがゆえのコクの強さ。なのに塩特有のさっぱり感もあるのは不思議ですねぇ。
それに、雑味がまったくない。これはさぞ丁寧に煮込まれたんでしょう。

続いて麺なんですが、かなりの太麺。ちょっとパスタを彷彿とさせますね。
都内屈指の製麺所である浅草開化楼によるものだそうで、麺の縮れ具合が極上の白湯スープを見事に絡めます。

もうこの時点でホントに美味しいのですが、さらに味の変化をもたらすのが脇に添えられたレモン
レモンをスープに絞ると大変身。ベースは変わらないのに、口の中で広がる味わいと後味が全く異なるものになるのです。

具材に生野菜が使われているのですが、これもレモン効果かさらにサラダっぽくなるし、味の千変万化が楽しめます。

麺を食べ終わって満足・・・と行きたいところですが、最後にトドメ。
締めに少量のゴハンが出てきます。ほんの二口三口分の量だけですが、これをスープの中にドボン。こんなん絶対美味いに決まってる。

仮にラーメンを食べたとしても、スープまで完食するなんてあり得ないんですが、これはもうどうやってもまるっと完食せざるを得ませんでした。凶悪過ぎる・・・!!!

何度も言いますが、普段まずラーメンなんて食べることはない僕が、また食べたいと思ってしまうほどの美味さでした。
というか、近いうちにマジで再訪したい。

モバデビの最新情報をチェック