リーズナブルにサクッと飲んで食べるのがよさげな「串カツ田中」(横浜・青葉台)

大阪は西成に端を発する串カツ専門店「串カツ田中」。都内各所をはじめ全国に展開されているので、ご存知の方も多いと思います。
そんな串カツ田中が横浜・青葉台に7月末にオープンしていたので、冷やしあめ飲みたさに行ってきました。

場所は青葉台駅の程近く。やや裏通りですが、大きな看板も出ているのでわかりやすかったです。

串カツ田中 青葉台店

店内はこんな感じ。全席喫煙可能。特に分煙とかはしてませんでした。

串カツ田中 のおかわりし放題キャベツ

お通しにはキャベツ山盛り。おかわり無限ループが可能です。

串カツ田中のソース缶

キャベツの味付けには、串カツのソースを用います。
“二度づけ禁止”の一文が明記されているように、串カツをソースに浸すのは一度きり。キャベツも口にしたものを再度ソースにつけてはいけません。それと箸をソースの中に入れるのもNG。

冷やしあめ

まずはドリンクから。無性に飲みたくなった「冷やしあめ」を注文。
激甘ということはなく、すりおろした生姜が入っていて結構独特。甘さもあるし生姜の辛さもある。しかしこれがいい。

ここからはフードメニューをずらずらと。

これなんだかわかります? じゃがいもに味玉、みじん切りのカリカリベーコン、サニーレタスにマヨネーズ。そう、ポテトサラダです。

すりこぎ棒でお好みの粗さにつぶして混ぜていただきます。今回はちょい粗めで。

さいぼし

続いてこちらは”さいぼし”というメニュー。
関東では馴染みがないかも。大阪の伝統食というやつで、わかりやすく言うと馬肉の燻製です。これかなり美味いですよ。生姜ニンニク醤油でいただきます。

メインの串カツは以下。

オーソドックスな串カツ牛や串カツ豚をはじめ、鮪の尾の身や煮玉子、ウインナーにカニ足、アスパラなどなど多彩。
今回は注文しませんでしたが、クッキー&クリームやバナナといったデザート系もあったりします。

個人的に鮪の尾の身がめっちゃ美味かったですねぇ。
正直これだけ注文し続けてもいいと思うくらい。

ネタによって100円、150円、200円と価格設定は3段階に分かれていますが、いずれにせよリーズナブル。
一品料理も豊富なのもナイスなポイント。しかもちりとり鍋や肉吸い、かすうどんといった大阪グルメが揃ってるのも嬉しいところ。

串カツに一品料理を2〜3品。それにハイボールでも組み合わせる感じのちょい飲みには最適なんじゃないかと思います。

モバデビの最新情報をチェック