レンチン前提のチルドカップ「SPECIALTY Hot Latte」がウマーな件

チルドカップなのにレンチン前提というサントリー・BOSSシリーズの新商品「SPECIALTY Hot Latte」。

先日の発売以来から気になってたのですが、ようやく試すことができました。結論から言えば、これは本格的なウマさ。いいですね~コレ。

Specialty Hot Latte

パッと見はコンビニでよく見るチルドカップですよね。
パッケージデザインはかなり高級志向を意識した感じ。

Specialty Hot Latte

パッケージにもありますが、電子レンジでの温めを前提にしています。
いろいろチルドカップは飲んできましたが、レンチンするやつは初めてかも。

Specialty Hot Latte

早速温めてみましょう。
温める際は蓋は取らずにそのまま電子レンジへ。一応蓋に付いていたシールは外しておきました。

Specialty Hot Latte

温める時間ですが、600Wで70秒になります。ただしこれは電子レンジのタイプによって異なるそうで、庫内のテーブルが回るターンテーブルタイプの場合は600Wで60秒になるとのこと。

便利な自動温めじゃダメなの? と思うわけですが、注意書きとしてはそれはダメっぽいですね。

Specialty Hot Latte

温めスタート。ブォーンという音を聞きながら待ちます。

Specialty Hot Latte

温め終わったら蓋を取りましょう。するとこんな感じの中蓋みたいなものが。
なんかこう心躍るメカっぽいフォルムがいいなw

ちなみに70秒温めても、「熱い!」ってことはありません。いわゆる適温。
熱いのがお好みという人なら、もう10秒くらい時間を伸ばしてもいいかもしれません。

Specialty Hot Latte

「起こす」となっている出っ張りに指を掛け、「PUSH」に親指をあてがって押し込むと、このように穴が空きます。あとはここから飲むだけ。
面白い構造だなぁ。

さて、実際に飲んでみた感想としては当然ですが「ウマー」。
甘さは控えめなんですけど、かなりミルク感が濃厚。これは好きなタイプのラテですねー。

BOSSシリーズはいろいろ飲んでるけど、もしかしたらコレ一番美味いかも。

Specialty Hot Latte

気になるカロリーですが、1本あたり123kcalとこちらも控えめ。
普段はブラックコーヒーばかりですが、ホッと一息つきたいときにまったり気分になれる味わい。これはリピ決定ですな。