「スターバックス フラペチーノ キャラメルクリーム&コーヒージェリー」飲んでみた

スターバックスがサントリーと共同で展開しているコンビニ製品ラインナップに、本日10/9(Tue)から新たに加わった、スターバックスとして世界初となる新食感のジェリー入りプレミアムデザート飲料「スターバックス® フラペチーノ® キャラメルクリーム&コーヒージェリー」を購入してみました。
商品名が長すぎて噛みそうな名前ですね。

スターバックス® フラペチーノ® キャラメルクリーム&コーヒージェリー

丸みを帯びた蓋が、これまでのチルドカップとの違いですね。
サイズはやや小ぶり。内容量も200mlとちょっと少なめです。

ジェリー入りのコーヒー飲料というと、例のドロリ(ryをイメージしますが、実際に口にしてみたところ、全然イメージとは異なる感じ。

確かに新食感かもしれない。

結構濃厚なクリーム感。キャラメルの香りがふわっと鼻腔を通ります。
コーヒージェリーには高品質なアラビカ種の豆を使っているそうです。ちょっとクリーム感が強すぎてわかりにくいですが、後味はわりとしっかりコーヒーのコクが残るかな? という印象です。

うん、でもこれ嫌いじゃない。むしろ好き。

とは言え、やはりスターバックスのチルドカップ。なんだかんだでお値段は230円と高めなので、頻繁に毎日グビグビ飲むのもはばかられるかな。

仕事してて、「ちょっと疲れた一息つきたいなー」というタイミングにはピタリとはまりそうな感じなので、今日はちょっと頑張るっていうときに買うようにしたいと思います。