「秋川渓谷 瀬音の湯」の夜は真っ暗! コテージの夜間外出用の懐中電灯が気になる・・・ #tokyo島旅山旅

そういえば、これは触れておかざるを得ない。
宿泊した「秋川渓谷 瀬音の湯」は22時には閉館となり、だいたい23時を過ぎると本館の明かりは軒並み消え、敷地内はほぼほぼ真っ暗闇と化してしまいます。
そのため、コテージには夜間外出時に使える懐中電灯が常備されているんですけど、その懐中電灯にとても気になるポイントが。。

その懐中電灯がこちら。

コテージに常備された懐中電灯

一見、なんの変哲もない懐中電灯。・・・なのですが、懐中電灯のおしりからぶら下がっているのは・・・鈴!?

えっと・・・・・・もしかして、熊よけってやつですか???

ええええええ秋川渓谷って熊出るの!?

ってことで、気になったので従業員の方に聞いてみたところ、確かに山に野生の熊はいるらしいです。
石舟橋でニホンザルは見かけましたが、まさかの熊出現情報。

と言ってもめったに出ることはないそうで、ましてや人里にはまず降りてこないとのこと。そうですか。いやはやビックリです。

ただ、むしろ怖いのはイノシシだそうで、こちらは割りとちょいちょい目撃されているそうです。・・・そうですか。それはそれで危険だなぁw

まぁ、出くわしたら出くわしたでネタになるので、それはそれでwww

それにしてもマジでここ真っ暗になるんですよ。

瀬音の湯 24時頃の本館前

こちら、24時頃の本館前。
今回禁煙部屋だったので、深夜に喫煙するのに外へ出た時に撮影した1枚。
ちなみにこのときiPhoneのLEDライトはONの状態でした。暗いwww

ぶっちゃけ肉眼でも1m先がよくわからないっていうほどの暗さでした。
こりゃ懐中電灯必要ですね。それでも肝試しみたいな状態だけど。

ただ、その代わりと言ってはなんですが、空を見上げると満天の星空を眺めることができます。
明かりが少なく空気も澄んでいるので、とんでもなく星が見えましたよー。この空を拝めることを考えれば、この暗闇もいいものなのかもしれません。

モバデビの最新情報をチェック