レンズの歪みを一発補正できる「PTlens」プラグイン

デジイチで写真撮影していると、使っているレンズによっては歪みが発生します。まぁこれも写真の味と言えば味なので、普段はあんまり意識して修正したりはしてないんですけど。

ただ、この歪みを修正しようという場面が全くないかというと、そんなことはないわけで、となると結構めんどくさいことになってきます。そこで、ApertureやPhotoshopのプラグインとして動作する「PTlens」というのを使うことにしました。

PTlens

こいつの便利なところは、EXIF情報からカメラの本体とレンズのデータを引っ張ってきて、さらに焦点距離も計算して、それに合わせて歪みをさくさくっと修正できちゃうという点。

で、実際に修正をかけてみたのがこちら。

PTlens sample
↑マウスオーバーすると、補正をかける前の画像になります。

実際のところ、この手の機能はAdobe Lightroomにも搭載されているので、そっち使えばいいかなーとか思ってたんですけど、LightroomはNASにぶっ込んだ写真のために使っていて、普段はApertureで整理と管理と現像をするようにしているんですよね。

できれば、Apertureで同様のことを実現したいなーと思っていたのもあって、このプラグインの導入を決めたという感じです。

まぁ、誰もが使うものではないと言えばないですが、歪みとか気になるわーという人は導入しておくといいかも。Windowsでも使えるし、スタンドアローンもあるので。