Logicool HD Pro Webcam C910がMac対応・・・しかしコレは・・・

スポンサーリンク

Logicoolのハイエンドウェブカム「HD Pro Webcam C910」。

昨年発売されたフルHD対応のウェブカメラですが、これのMac OS対応がアナウンスされました。
すでにC910を購入済みだったので、待ちに待ったぜ! ってことでインストールしてみましたよ。

そもそもUVC対応なので、Macでも普通に使えていたわけですが、C910の性能を100%活用しきれないという欠点があるんですね。

そんなわけでサイトからソフトをダウンロードしてインストール。

早速ソフトを起動してみると、

おお、きちんとHDで表示されてる。やっぱりかなり高画質。
Macだと4:3でしか認識されなかったので、16:9で使えるようになったのは大きいですね。

で、まぁウェブカメラなわけですから勿論主要な利用目的はUstreamなんですよね。
今回の対応でUstreamにも・・・と言いたいところなんですが、これが全くダメ。

というのも、そもそも先行して対応しているWindows版の場合も、

  • 全機能をフルに使えるのはLogicool製ビデオ電話ソフト「Vid HD」の使用時のみ。
  • 他のアプリは4:3でしか対応していない。
  • 16:9だとアスペクト比がなんか変。
  • 他のアプリは詰まるところUVCに依存している。

となっていて、結局Mac対応したと言ってもあんまり変わらないわけで。

しかし、Windows版ではUstreamをやるのに有用なウェブカメラのコントロールソフト(以下、LWC)があるのです。

ズームやパンティルト、フォーカス、自動露出、顔検出等々が出来るソフトなのですが、これがあるのとないのは大きな差ですからねー。
Ustreamerには重要且つ有用なソフトってわけですよ。

ところが、これが入ってない!

もう意味解らない。
Mac対応しましたって言ってるくせにLWCがないとかどういうことなのかとw
つまり、今回の対応はUstream的には全く無意味ということですね。

なんだか入れるだけ損した気になってきた・・・w

やっぱりMacでUstreamやるならFMLEが必須ですねー。
FMLEなら16:9のアスペクト比で高画質配信出来るし。

Camtwistを使えば、それなりにいろいろ出来ますから、別に気にしなくてもいいかもしれない。

今のところ、今回の対応版は直接動画撮影、静止画撮影をしてYouTubeにアップロードするとか、そういう使い道になりそうです。

とは言え、C910を買わないほうがいいというわけではなく、むしろMacでUstreamをやるならC910は買っておいたほうがいいんじゃないかなぁと。
LWCがMacにも対応してきたとしても、FMLEやCamtwistが必須にはなるでしょうしね。

[amazon asin=”B003YUB674″ type=”banner”]

「Macintosh」新着記事

macOS Big Sur 11.2がリリース Mac miniの外部ディスプレイ接続に関わる問題などを修正

Avatar for ホシナ カズキ

ホシナ カズキ

Mac mini 2020を買ったのでホームマシンとしてセットアップした話

Avatar for ホシナ カズキ

ホシナ カズキ

macOS High Sierra、パス無しログイン可能バグに対応したセキュリティアップデートを配信開始

Avatar for ホシナ カズキ

ホシナ カズキ

MacBook Proの熱対策に「Kickflip」導入! 絶妙な角度がなんとも言えない薄型エアスペーサー

Avatar for ホシナ カズキ

ホシナ カズキ

OS X Mavericksにアップデートするだけで游ゴシック体と游明朝体が使えるぞ

Avatar for ホシナ カズキ

ホシナ カズキ

もっと見る

モバデビモバイルウェブのネタ、ニュースMaciPhoneなどのApple関連、WordPressのことなど、いろいろ書く雑食系ブログメディア。
ためになるかもしれないし、ならないかもしれない。そこそこ更新してますそこそこ。

このブログについてもっと詳しく