これ見たかった! なつケーから最新スマホまで全611機種が見られるdocomo特設サイト

待ってたよdocomo! これ見たかった!

docomoが20周年を記念して、特設サイト「DOCOMO DESIGN 20TH」をオープンしていました。
NTT時代の端末から現在の最新LTEスマホまで、その数実に611機種。すべての端末を眺めることができます。

DOCOMO DESIGN 20TH

2010年5月に、表参道ヒルズで携帯電話のデザイン展「MOBILE TIDE 2010」というのが開催されましたが、そこからさらに機種を増やしたWeb版ともいうべきものでしょうかね。

NTT時代に発売された1987年から、現在の2012年まで横にスクロールすることができるようになっています。

P206

うわー、超なつかしいーー!
docomoで最初に所有したのが確かこれだったような覚えが。当時は機種名とかまで気にしてたわけでもないので覚えてませんが、多分。

この頃はまだ着信音は単音ばかりで、内蔵された曲で有名なものがあると、それだけで話題になっていましたよね。
確か、同時期くらいから4和音で着信音自作できるようになってきていて、それ専用のムック本とか、タブ譜雑誌とかにおまけ的に作り方が掲載されていたりしました。

P900iV

これは初めて持ったFOMA端末だったなぁ。
スクエニの名作「FINAL FANTASY VII ADVENT CHILDREN」とのタイアップで、主人公クラウド使用携帯電話として発売されたもの。
実は現在もこの端末手元にあったりします。壊れてないので、未だに使おうと思えば使えるという。

カメラが他の機種と違ってヒンジ部に取り付けられていて、写真や動画を撮るときは、かつてのXacti的な感じで使うようになっていました。このスタイルが結構持ちやすくて良かったんですが、以後同様の機構を持つ端末は発売されませんでした。

このあと今はなき三菱製のD端末を使って、それからはケータイ会議に参加していたこともあってずーっとF端末を愛用してましたね。今もAndroid端末は富士通モバイル製ですし。

眺めていると、ちょっと当時の記憶が呼び起こされますね。
大学時代のことだったり、大変すぎて記憶から強制的に追い出しているテレビ屋時代のめんどくさい番組のことだったりとか。あああああああああああ。

docomoユーザーの人は1度眺めてみてはどうでしょうか。懐かしい気分にひたれるかもしれませんよ。