iPhone4S向けにiOS6.1.1がリリースされたんだけどau版には特に意味がない模様

先日iOS6.1が提供されたばかりですが、iPhone4Sのみのアップデートとして、iOS6.1.1の提供が開始されました。

iOS6.1にアップデートするとW-CDMA/GSM版のiPhone4S、つまりはソフトバンク版のiPhone4Sでパケット通信に不具合が発生していました。それを解消するアップデートのようですね。

iOS6.1.1

僕の場合はauユーザーなので、特にコレといって何も起きてませんでしたが、ソフトバンクユーザーやdocomoのSIMでiPhone4Sを使っているユーザーには、パケ詰まりの頻発や発着信の不具合など多数発生していたみたいですね。

まぁ一応、通信方式に関係なく、iPhone4S向けにアップデートが提供されているので、さきほど適用してみました。

au版で適用した場合、3G通信になんらかの変化があったりするのかなぁと思い、とりあえずスピードテストを実施してみたんですが、なんとも微妙な結果に。。。

iOS6.1でのスピードテスト

こちらはアップデート適用前に計測してみた数値。
速いんだか遅いんだか。

iOS6.1.1 スピードテスト

で、こっちはアップデート後に計測してみた数値です。

・・・・・・あれっ?
なんか微妙に遅くなりました。。何度か計測してみたんですが、ダウンロード速度は2Mbpsを切ることも。

平均の範囲内なのかもしれませんが、それにしたってアップデート前を下回ってばかりなのはいかがなものか。ぬぅ。。

W-CDMA/GSM版が改善と引き換えにCDMA版に不具合が・・・とかそういうオチじゃないことを祈るばかりです。