Facebookメッセンジャーのサードパーティアプリ「Messenger for Mac」がいい感じ

つい2〜3日前、Facebookがメッセンジャーを切り分けて利用できるようにしたWebアプリ「Messeger.com」を公開しましたが、Facebookメッセンジャーをブラウザいらずで使えるMacアプリ「Messenger for Mac」がリリースされました。と言ってもFacebook非公式のサードパーティですけど。
しかしながら、これがなかなかいい感じなのです。

Messenger for Mac

単独アプリケーションですが、実際のところはWebアプリ「Messenger.com」のラッパー。なので公式アプリ同様、受信通知やサウンド設定、ユーザーブロック管理機能もまるっと使えます。

Messenger for Mac

アプリをダウンロードして開くと、まずはログインから。
自身のFacebookのログイン情報を入力します。

Messenger for Mac

ログインが完了すると、見慣れたFacebookメッセンジャーが表示されます。
Webアプリでは音声通話やビデオ通話が利用できますが、「Messenger for Mac」では使えない模様。そのうちバージョンアップして使えるようになるでしょう。

Messenger for Mac

スタンプの送信ももちろん可能。
さらに、スタンプストアで新しいスタンプを追加するといったことも、このアプリの中で完結することができます。

僕の場合、普段はFacebookを開きっぱなしにしているので、あんまり使うことはないかもしれませんが、時々FacebookもTwitterも閉じてガッと集中したいときには良さげ。
Facebookメッセンジャーは結構連絡ツールとして使うことが多いので、連絡手段だけ使えるようにしておきたいというシーンにはイイ。

まぁ、別にWebアプリでもいいじゃん? という気がしないでもないですが、ブラウザも全部落としてちゃうと使えないですからねぇ。

以下のサイトからダウンロードできます。

モバデビの最新情報をチェック