PCを使っていると、徐々にキャッシュやクッキーといったゴミファイルが溜まっていきますが、iPhoneやiPadなどのiOSデバイスも同じように、不要なゴミファイルがデバイス内に残っています

それらをスキャンして一気に削除できるのが「PhoneClean」というアプリケーションです。

PhoneClean

「PhoneClean」はMac OS X(10.7以降)とWindows(XP/Vista/7/8)に対応するソフトです。

インストールして起動すると、使い方を説明したウィンドウが開きます。

PhoneClean

使い方に書かれている通り、クリーンアップしたいiOSデバイスをUSBケーブルでPCやMacに接続すれば、勝手に端末を認識してくれます。
スキャンしてくれるのは以下のもの。

  • ゴミとテンポラリファイル
  • キャッシュとオフラインファイル
  • クッキーとスクリプトファイル
  • 同期に失敗したメディアファイル

スキャンしたい不要ファイルにチェックを入れて、「Start Scan」ボタンをクリック。
あとは、スキャンが終わるのを待つのみです。

PhoneClean

こんな感じでグングンと不要ファイルを見つけ出してくれますよ。
たぶん最初は結構待つはず。僕のiPhoneでは4〜5分程度かかりました。

Phone clean 04

というわけでスキャン終了。

不要ファイルが実に906.51MB・・・およそ1GBほどの容量がゴミファイルに占拠されていたわけですね。うーんコレは実にいかん。いかんぞ。

というわけで、「Clean Up」ボタンを恐れずにクリックしましょう。漢らしくためらわずにポチッといきましょう。

PhoneClean

グングンと不要ファイルが消えていき、約1GBのゴミファイルとおさらばできました。
なんかFacebookとかGoogle+とかTwitterにシェアしてね的なのが出てきますが、あえて漢らしく無視して「Done」。

こういうアプリケーションは、iPhoneがどうにかなっちゃったりしないか不安になりますが、僕の環境では特に問題ありませんでした。

月に1回くらいはiPhoneやiPadもPCのメンテナンスに合わせてクリーンアップしておくといいかもしれませんね。

Commentsコメントしてもらえると励みになります