12万冊以上読み放題! 「Kindle Unlimited」が始まった件

ここ最近は紙よりもデジタルな読書が当たり前になってきました。
いや、紙の本のほうがイイというのは昔から変わってないんですけど、現在の家に引っ越した際、書棚を減らさなければならなくなって、かなり本を処分したこともあったので、読書環境を意識的にデジタルに移行しました。で、そんな中もっと嬉しいサービスが始まりました。そう「kindleunlimited」です。

kindleunlimitedとは?

kindle unlimited

kindle unlimited」は月額980円の定額制で、いわゆる電子書籍(本、コミック、雑誌)を12万冊以上、さらに120万冊以上の洋書を制限なく読み放題できるという、Amazonの新サービスになります。

2年ほど前から、すでにアメリカで開始されていたものが、このたび日本でのサービスを開始したかたちになるわけで、待ちに待ったぜ! という人も大勢いるのではないでしょうか。

雑誌の豊富さがイイね!

すでにプライム会員になっているわけですが、ちょっくら試しに無料体験してみようってことで、サクッと開いてみたところ、いや、思った以上に雑誌が多いです。

Kindke unlimited 雑誌一覧

ほんの一例ですが、個人的にたまに読みたくなる雑誌が結構揃っています。
ただ、マンガ雑誌は今のところ対象外のようですね。その辺りが増えてくれるとより嬉しいところではあるんですが。

もちろんコミックもかなりあります。残念なことに個人的に読みたいタイトルは、まだ対応されていなかったですが。
ユーザーが継続してお金を落とすかどうかに関わってくることなので、Amazonとしても各出版社に対して攻めていくとは思うんですが、まぁ今後に期待でしょうかねぇ。

拙著もunlimited対応されていました

なんとなく気になったので、先日増刷されたばかりの拙著「できる100ワザ WordPress」を見てみたら、しっかりunlimitedに対応されていましたw

Kindke unlimited できる100ワザWordPress

著者ですがこのことは聞いてませんでしたw まぁなんか気になることもあるけど、まぁそれはそれとしようw

インプレスさんのできる100ワザシリーズはいくつか対応されているものが見つかったので、これを機会にunlimitedに登録して、100ワザシリーズを読破しても良いかもしれません。その際は拙著もお忘れなくw

こんな人にはいいかも

「kindle unlimited」は、月に何冊も雑誌や書籍を電子版で買い求める人にとって、最高のサービスになりうるのは間違いないでしょうね。
いや、初期段階では対応されているかどうかの問題もあるので、最初のうちはそうでもないかもしれませんけど、今後対応が増えてくれば間違いなくそうなると思います。

1冊あたりの価格は大したことなくても、積み上がれば結構な金額になりますから、それが980円払うだけってなれば、ユーザーにとってもかなりのコストダウンに繋がるわけで、読書量が多い人にはオススメだと言えるでしょう。

いや、実は先日のプライムデーでついついKindle Fireを購入してしまってから、途端に電子書籍を買う頻度が高まってしまっていたので、すごい金遣い荒いことになりかけてたんですが、これでだいぶ抑えられそうな予感。
とりあえず30日間の無料体験でガッツリ読み漁ってみて、継続するか否かを決めたいと思いますよ。

モバデビの最新情報をチェック