Googleリーダーから他サービスにシェアする設定があったのね

だいたいGoogleリーダーをブラウザで開く習慣があんまりないので、いまさら気づいたんですが、ブラウザのGoogleリーダーからFacebookやTwitterなどの他サービスへリンクをシェアすることができるようになってたんですね。
いやホントいまさらすぎちゃう話で申し訳無いんですが、とりあえず設定手順をまとめ。

Googleリーダーの設定アイコンから

Googleリーダーの設定

Googleリーダーを開いたら右上あたりにある設定アイコンから、「リーダーの設定」を開きます。

Googleリーダーの設定

したらば、「送信先」タブをクリックします。
ここで、シェアしたいサービスにチェックを入れれば設定完了。特に保存ボタンもないので、そのままリーダーに戻って大丈夫です。

ここにはないサービスにシェアをしたいという場合は、カスタムリンクを作成することもできますね。

ただし、ブラウザ側のポップアップブロック機能によって動作しない場合もあるので、www.google.comのポップアップを許可するようにしておきましょう。

送信先からシェアしたいサービスを選ぶ

というわけで上記まで済めば、あとはリーダー側でシェアするだけ。

Googleリーダーでリンクをシェア

画像のように「送信先」という項目が現れるので、そこをクリックすると設定で選んだサービスが表示されるようになります。

シェアしたい記事があったらば、あとはここからサービス名をクリック。
すると、ポップアップでシェアするウィンドウが表示されるので、ぺろっとシェアしちゃいましょう。

個人的にFacebookへシェアすることが多いのですが、GoogleリーダーのクライアントアプリでFacebookにリンクをシェアしようとすると、どうしても個人アカウントのみになっちゃうんですよねー。
Facebookページにシェアしたいときに困ってましたが、これならシェア先を選ぶことができるし、ブラウザメインで処理するようにしていこうかなぁ。

モバデビの最新情報をチェック