「Instagram for Android」がついに登場したのでサクサクと使い始めてみましたよ

いよいよ待ちに待ったAndroid版のInstagramが登場しましたよ!
先日ニセアプリが出て大迷惑だったのも記憶に新しいですが、今度はちゃんと本物です。ちょっと前にリリースの告知が正式に出て、事前登録でお知らせが届くってことだったのですが、お知らせが届く前にFacebookで知って早速ダウンロードし、使い始めてみましたよ。

Instagram

アカウント自体はiOSアプリからだいぶ前に登録してあったので、新規にアカウントを取得することはなかったのですが、アカウント取得したのがカメラの付いてないiPod touchだったので、本格的に使い始めるのはこれからなんですよねぇ。

Instagram

というわけで取得済のアカウントでログインしてみたところ、UIはiOS版と基本的には変わらず。

Instagram

写真は撮影するか撮影済の写真を読み込むかの2パターンです。

Instagram

で、ここがiOS版とは異なるところなんですが、写真を撮影する場合、端末のデフォルトカメラを選ぶか、アプリ独自の撮影機能を有しているアプリを選びます。

個人的に残念なのがココなんですよねぇ。。
アプリ側で撮影機能を内包して欲しかったんですよ。

ただ、Androidのカメラ系アプリはこのあたりの処理が結構めんどくさいところなので、この方法になることも想定はしていましたけど。

機種によっては、Instagramの設定から[カメラ設定]へ進み、「Instagramの最新カメラを使用」という項目にチェックを入れると、Instagramのアドバンスドカメラが起動できるようです。残念ながら所有端末では設定にこの項目すら出てきませんでしたけど。。

Instagram

こっちは画像の加工画面。フィルターパターンはiOSと一緒です。

Androidだとこの辺の処理がちょっと重いかもなぁ・・・とか思ってましたけど、想像よりはサクサクと動きます。まぁ充分実用に耐えうる速さです。

しかし、アプリサイズがインストールすると16MBを超えるというサイズなのは困りものですね。自分が使っているのはAndroid2.2端末なもので、そもそも端末容量もそこまで大きくないし。とは言え、フィルター処理のこと考えればこのくらいになるのも仕方ないのか・・・。

まぁそのためにSDカードへの移動という機能がAndroidには存在するのですが、なんとこのInstagram for Android、もっと残念なことに移動できないという・・・・・・!!!

先日こんなツイートしていたんですが、よもや現実になろうとは。

SD移動についてはアプリのバージョンアップでどうにかこうにかできる部分ではあるので、今後のアップデートで実装されたらいいのになぁ。

とは言え、今回のリリースでInstagramの世界に触れることができる人たちの裾野がどどんと拡大されたのは事実。これを機会にAndroidで写真を撮るということがもっと日常化していくんじゃないでしょうか。

アプリ本体も登録も無料ですし、今回のリリースを機に、Androidユーザーの人も写真の楽しさを身近にしてみてください。

Instagram
Instagram
価格: 0円 (更新日現在)