SoftBankが月2700円の音声定額「スマ放題」発表! 6/11から予約受付開始

docomoに真っ向から対抗策をぶつけてきましたね。流れ的に当然といえば当然なんでしょうけど。

先日docomoが音声定額プラン「カケホーダイ」をスタートさせましたが、SoftBankもそれに対して新料金プラン「スマ放題」を始めることが発表されました。

Making a callMaking a call Photo by KawarthaPhoto

「スマ放題」のプラン内容

「スマ放題」は、他社を含む固定電話・携帯電話と通話し放題となります。
料金は3パターンあって、2年契約だとスマートフォンの場合は月額2700円、3G携帯の場合は月額2200円、タブレットなら月額1700円になるとのこと。

上記の月額だけで、国内の音声通話であれば通話時間や通話回数、相手先を問わずに利用できるようになります。

料金設定は完全にdocomoと同じ。ホント真っ向からぶつけたっていう感じになっていますね。

データ通信プラン「データ定額」

同時にデータ通信プランにも新プランが登場します。
こちらも完全docomoに対抗したプランですね。

データ定額パック料金表via. 新料金サービス「スマ放題」、7月1日より提供開始 | 企業・IR | ソフトバンク 

2GBから30GBまでの6パターン。
月5GB以上のプランを利用した場合、使い切れずに余ったデータ量を翌月に繰り越すことのできる「データくりこし」が利用可能。

家族割などで割引が受けられる他、子回線1回線あたり500円の追加料金を払えば、親回線が契約しているデータ定額パックのデータ量を家族間で共有できる「家族データシェア」というのも用意されました。

docomoのプランもそうなんですが、この家族間でデータ量をシェアできるプランはなかなかいいですよね。うまいことやったらある程度節約になりそうですよね。まぁ実際どうなのかはわからんけども。

なお、上記の新プランですが、予約開始は来週6/11(Wed)からとなっています。実際にプランが適用されるのは7/1(Tue)からとのこと。
SoftBankユーザーの人は、現在の料金とよく比較検討してから、こちらのほうが得になると確信できれば申し込んでみてはどうでしょうか?

auも近いうちに定額プラン導入?

今回のSoftBankの発表によって、音声定額、データ通信のシェアといったものがdocomo、SoftBankの2社が提供することになりましたが、残るauはどないやねん? ってところですよね。auユーザー的に。

iPhoneはauで契約しているので、ちょっとそのあたり僕も気になっているんですが、まぁ近いうちauでも同じようなプランが登場すると思われます。

一応料金プランの見直しはしようと思ってはいますが、実質iPhoneで電話を受けることはあっても掛けることが少ないんですよね。
料金プランが発表されないとなんとも言えませんが、大して変わりゃしないような気がするなぁ。

モバデビの最新情報をチェック