Yahoo! Japan、「3.11」と検索すれば10円の寄付がされるチャリティを実施

あの災禍から早3年。
日本の検索最大手「Yahoo! Japan」が、明日に「Search for 3.11」というチャリティ企画を実施するとともに、Yahoo! 検索内の震災に関する3年間の検索データを可視化したビジュアライザや映像を公開しています。

Search for 3.11

「3.11、検索は応援になる」

というキャッチコピーで始まるプロモサイトが先週公開され、すでに各所でも取り上げられているので、ご存じの方も多いのではないでしょうか。

Yahoo! 検索で3/11の0時から23時59分までの間に「3.11」というキーワードで検索をすることで、検索した人ひとりにつき10円の寄付が行われます。

3.11での検索結果画面

寄付先は公益財団法人東日本大震災復興支援財団となっており、東北三県(岩手・宮城・福島)に住まう子どもたちの教育やスポーツ、保育、奨学金などの支援活動に充てられるとのこと。

あれから3年という月日が経ち、さまざまな統計の数値的に見ると復興目覚ましいとも言えますが、実態である人々のリアルな暮らしはまだまだ以前の状態に戻ったなどとは決して言えないのが現実ではないでしょうか。

今回のYahoo! Japanの映像やビッグデータを使ったビジュアライザは、それをしっかりと再確認させてくれるものになっていると思います。

企画が企画ですし、社会貢献を謳うものに対して不謹慎だなとは思いますが、Yahoo! というプラットフォーマーだからこそできる試みは大変面白いですね。いやホント不謹慎な表現で申し訳ない。

検索したユーザーになりかわって「Yahoo! Japan」が寄付を行うということで、考えようによってはユーザーは別になにも支援していないのですが、被災地と離れた場所で暮らす我々にとって、今一度被災地の復興というものに目を向けて、この先10年、30年と何ができるのかを考える機会にもなるのではないかと思うので、ぜひ明日はYahoo!検索で「3.11」というキーワードの検索を行ってみてはいかがでしょうか。

3.11、検索は応援になる。 - Yahoo!検索3.11、検索は応援になる。 – Yahoo!検索